Welcome!

Kyotoïte en Provence

リストに戻る

1年以上

herbes-de-provence-label-rouge-provence-tradition今日は実はマルセイユ石鹸に続いて偽物のおはなし。

プロヴァンスのおみやげは?と聞かれるとはちみつやラベンダー香り袋も良いのですが、エルブドプロヴァンス Herb de Provence(ハーブね)も実は人気!エルブドプロヴァンスはプロヴァンス地方内では古くから料理に使われていましたが、一般に知られるようになったのは1970年代に入ってからで、よく使われるハーブをひと括りにしたものを特にエルブ・ド・プロヴァンスと呼び、他のハーブと区別するようになりました。製造元により調合は異なりますが、ことオルガノ・タイムの強い香りが際立つ配合になることが多いのが特徴です。オルガノ26%セリエット26%ロマラン26%タイム19%バジル3%が一般的。

魚や肉を焼く際の香り付けや、シチュー等に加えられる。あらかじめ材料とあわせておくか、調理の最中に加える。あるいは調理油に混ぜておき料理に風味を移すこともある。一方、出来上がった料理に振りかけるというような使い方はしない。(ふりかけじゃありませんからね!)

ただし注意してくださいね!おみやげ屋さんなどで95%のハーブドプロヴァンスは中央ヨーロッパ、ポーランド・アルバニア・北アフリカ・中国。。などから来ているので、プロヴァンス産のものは実はとても少ないのです。もちろん生産販売していますが、目安としてもしどうしてもプロヴァンス産にこだわるのであれば« produit en Provence » ou « Origine Provence Garantie »もしくはラベル・ルージュLabel Rougeのものをお選びになることをおすすめします。
herbes-de-provence-packaging-provence-traditionlabel-rouge

実はこのLabel Rougeは食品などによくみる品質保証マークですが、このエルブドプロヴァンスも2003年よりこの認定付きをいただいています。プロヴァンス産と認められたもののみには必ずついています。またプロヴァンス産のタイムにはIGPもあるそうな。たかが葉っぱですが奥の深い世界だわ〜。ほんとピザの上にちょいちょいとかけるだけなのにね。

お買い物アドバイスとしてはプロヴァンスの街にあるおみやげ屋さんは完全アウトですので宜しければBIOのお店か、あとスーパーでDUCROなどのメーカーのエルブドプロヴァンスなら必ずLabel Rougeがあるシリーズがありますのでそちらでゲットですね!

 

でもね。。まぁおみやげだしなんちゃってだし。フランスで買ったけどポーランド産よ。もまたそれはそれで旅のみやげ話かなとも。。安いし。ということで豆知識として。

参考サイト

http://fr.wikipedia.org/wiki/Herbes_de_Provence

http://www.consoglobe.com/les-herbes-de-provence-viennent-de-pologne-cg

http://www.herbes-de-provence.org/index.php?option=com_content&view=section&layout=blog&id=1&Itemid=56

http://www.provence-tradition.com/fr/content/39-gamme-gms

コメント

Kyotoïte en Provence

作者:姉小路りつ子

Kyotoïte en Provence

京女インプロバンス

7日 26 総合 828 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



姉小路りつ子さん新着記事



過去記事

姉小路りつ子さんへの新着コメント




ニースブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 プロヴァンスのブログ
2位 provence-travelのブログ
3位 南仏アヴィニヨンより
4位 マルセイユ日本語補習校(幼稚園~中学)
5位 フランス留学のすすめ - 続 Viva!! フランス留学 -
6位 *イタリア料理紀行☆南フランス、トゥールーズ食便り
7位 思えば遠くへ来た私
8位 南仏プロヴァンス陶器・雑貨のお店☆Le Petit Nice のブログ


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニースでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録