Welcome!

*イタリア料理紀行☆南フランス、トゥールーズ食便り

リストに戻る

1年以上




みなさま、こんにちは。
全く、リアルタイムでない、ブログでごめんなさい。

もう、先月のお話ですが、、
酷暑の中、知的財産の勉強会に参加させて頂いて参りました。

場所は、名古屋学院大学白鳥キャンパス。
中小企業向けセミナーで、夕刻の開催で、メトロから大学までは、学生さんが沢山歩いていました♪学生さんの顔って、未来がいっぱい詰まっていて、本当にキラキラとしていますね




本日の講師は、東京の浅野国際特許事務所上席主任研究員の浅野卓先生。
そして、弁護士で、法学部教授の木棚 照一先生でした。
文部科学省大学COC事業で、名古屋学院大学の知財教育研究プロジェクトで、「アイデアからの地域活性化とビジネス創出」というテーマの勉強会でした。

法律に関して、無知な私ガクリ
コンプライアンスを順守し、責任もって事業を進めていくためには、知財含めて、法律の勉強が不可欠だなあ、と感じています。特に、知財は、コピペなど、著作権法違反など、最近は色々とありますが、だれでも身近な問題でもあります。

今日は、知的財産とブランド戦略についてのお話を伺ってきました薔薇
知財四権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)の説明から、差止請求権、損害賠償請求権、不当利得返還請求権、信用回復措置請求権、刑事罰などの救済について、

独占排他権の付与、不当競争防止法、知財ミックスの考え方、研究開発成果保護について、デザイン保護について。

特に面白かったのが、特許権は出願から原則20年保護されるのですが、逆に言えば、20年間しか保護されず保護期間が満了したら誰でも利用可能になってしまうということです。特許権などの知的財産権を取得しないで、営業秘密として管理していく、という方法もあるらしい。コカ・コーラや、ケンタッキーの門外不出のレシピ、というのもこれにあたる。

営業秘密は、不正競争防止法で保護はされているけれど、権利内容や存在が不明瞭であったり、他社が独自開発した場合、独占できないなど、不安定な保護がデメリット・・・ムンクの叫び 

営業秘密については、営業上だけでなく、個人情報保護の観点からも保護をする必要があるのかな。と。動きの悪い頭をグルグルをフルに働かせて、講義終了。

他の会社の経営者や、企業の法務部の方など、ディスカッションも勉強になりました。





講義が終わった頃には、真っ暗でした!
チャペルの十字がキラキラとしていました十字架

素晴らしい先生や、経営者の方々と出会い、よい勉強の一日でした!
ありがとうございます。


NEW イタリア料理留学専門ADORISSIMO(アドリッシモ)が生まれました! 

  ロゴイタリア料理留学ADORISSIMO(アドリッシモ)) 

お料理研究家、フードコーディネーター、シェフにお勧め♪
【イタリア料理修行・料理留学・短期料理体験レッスン】

コメント

*イタリア料理紀行☆南フランス、トゥールーズ食便り

作者:Mariko Aoki

*イタリア料理紀行☆南フランス、トゥールーズ食便り

南フランス、トゥールーズでの日々をつづります。

7日 23 総合 6064 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Mariko Aokiさん新着記事



過去記事

Mariko Aokiさんへの新着コメント




ニースブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 プロヴァンスのブログ
2位 provence-travelのブログ
3位 南仏アヴィニヨンより
4位 Ma Petite Vie En Provence
5位 南仏、マルセイユの生活- Life in Marseille, France
6位 南仏スタイル・プロヴァンスの暮らし/南仏ホームステイ
7位 南仏プロヴァンス陶器・雑貨のお店☆Le Petit Nice のブログ
8位 プロヴァンス発 南フランス暮らし365日


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニースでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録