Welcome!

プロヴァンス発 南フランス暮らし365日

322日前

Bonne année 

新年あけましておめでとうございます。

みなさまはどんな新年をお過ごしですか?


こちらフランスの大晦日は夜ふかしパーティ。
よって、必然的に、元日は二日酔いの朝寝坊 ^o^  
初日の出とか、初詣とか、神聖な気分はゼロ! 

私たちは、大晦日に結婚25周年を迎えた友人夫婦とお祝いのパーティでした。

午前3時までシャンパーニュを飲み、牡蠣、ウニ、エビ、パテ、フロマージュ、ガトーショコラ…などをつまみ続けました……

が、夜ふかしが習慣でなくなった今、最後には薪ストーブの前で爆睡してしまうという体たらく(^_^;)  。お恥ずかしい。


もうお一方のゲストのシバちゃんも、私の隣で爆睡。

この子です。
穏やか〜な女の子。体重は35kgもありますが(^_^;)

{E81CD380-F653-4ED7-9102-8761D06646C3:01}



1月21日には、本を出版予定です。

タイトルは、
「ゆでたまごが作れなくても幸せなフランス人」(講談社)

覚えにくいタイトルですが、
忘れたら、
「ゆでたまごとフランス人」
でもかまいません。

amazonでは予約も始まっているようなので、間違いなく、出るはず(^▽^;)


24歳でメキシコの田舎に初めて行った時に衝撃を受けて以来、このブログでもずっと書き続けているテーマ。

共感していただければとてもうれしいです。そして、何かのヒントになれば、これ以上うれしいことはありません。



また、毎年恒例のうめだ阪急本店「フランスフェア」には、今年も大勢のフランス人と共に参ります。


恒例とはいえ、毎年テーマも違えば招聘するお店も違うので、毎回たいへん。
でも、待ってくれているみなさんのことを思いながら、今年も奮闘中!です

乞うご期待( ´ ▽ ` ) ください



{22C732AA-0886-4E6D-A049-204D6D30EF3F:01}
年末には近所の教会でアリアのコンサート。リルシュルラソルグの教会はプロヴァンスでも有数の美しさなのです


{C39994DE-17D5-4051-A4FA-A194C830B7E9:01}
今年も新天地で、皆様のプロヴァンスの旅のお手伝いができることを何より楽しみにしています。
たくさんの出会いがありますように。

{8ACCE88B-2701-4458-9719-5EA15A7F7089:01}
リルシュルラソルグに引っ越して2ヶ月が経ちました。ここに来て、やっぱり正解\(^_^)/










1年以上

その後の引越し状況ですが……



カッコよく、できあがりの写真ともどもご報告したい気持ちは山々なれど……

現実的には、

遅れています!

自信満々に工事の責任者は
「確実に間に合いますよ」
と言ってたのに。


信じた私が愚かでした。


その上、工事は予定外に遅れてるくせに、責任者は予定どおりポルトガルへ10日間のヴァカンスへ行ってしまった……。


残って現場をやってくれてる男子たちも、きっちり土日休み。

100年以上昔の家をリノベーションしているのですが、そもそも家の壁がまっすぐじゃないので、想定外なことが次々起こるんです。

新築する方がずっとずっとラク ´д` ;


また、自分たちの好みの家にしたいので、素材は私たちが揃える約束なのですが、

ここでも、想定外なことの連続。

私たちのバスルームの浴槽が予定どおり届いたのはいいのだけど、開けてみると、中と外の形が違う。

どうやって、これ、入れるの?
とショールームのおじさんに写真送って電話すると、電話の向こうで大爆笑してるし(~_~;) 

笑ってる場合じゃないんですけどね。

{194A4F19-B314-4C61-9A6E-79C0D90033BD:01}

最後の最後に、キッチンとダイニングを逆にしたいと言い出したのはダヴィッド。
ガスの工事も天井のスポットもやりかえました。

たしかに、やって見て気づくことはあるし、まだ間に合うのならあとあと後悔したくない。という理屈もわかる。


ですが、この後に及んでキッチンのパーツはコーナー部分の一つしか届いていないし。

{A2F39393-75A5-41B9-96EF-E1C1A4F95D08:01}

それでも、床はなんとか貼り終えつつあります。窓も入りました。当然ですね。


いやぁ、どうなるんでしょうね。

人ごとじゃなく、
私たちも、仕事の合間に未だにあれこれ買いに走る毎日です。


それでも、フランスはいつも最後の最後につじつまがあうので、なんとかなるはず。
そもそも、誰も焦ってる様子が見受けられない。これはいい傾向なのか (。-_-。)


写真もお見せしてないのにも関わらず、11月中旬からすでにご予約をいただいていますので、いただいた信頼を裏切らないよう、がんばります‼️ 


中間?報告でした (;´д`)


次回は、ビシッとよきお知らせができますように。


{91BD5894-CA01-4A10-8250-69936FB3A216:01}

近所の壁画。ほのぼの☺️   
してる場合じゃない


{611813F1-A6CC-43D6-9C1E-67D20EE91D1B:01}


1年以上

プロヴァンスに暮らして10年目になりますが、

ここに来て、大切に思えること。

それは、

La poésie du quotidien

La beauté du quotidien

L'humour du quotidien


日常のなかの詩情だったり、美しさだったり、ユーモアだったり。

それは自然のなかから感じることもあれば、偶然出会ったショーウィンドウの器から感じることもあるし、誰かの言葉や音楽から感じることもある。


ツイッターなどSNSを見る時間は1日のうち、本当に短い時間なのだけど、
開いた瞬間、心に響く言葉が飛び込んでくることがあって、そんなときは幸せな気持ちになります。



今日は、ミヒャエル・エンデのこんな言葉。

「ユーモアとは、自分の不完全さを苦渋に陥ることなくみとめ、気持ちを楽にしてくれる。あの意識の姿勢です。そしてまた、他人の不完全さをも微笑んでうなずける」


ユーモアのある人はやさしい。
たとえ多少毒舌でも、そこにやさしさがひそんでる。
ただの攻撃的な毒舌は、まったく別物。



詩情、美、ユーモア

特別なものでなくても、まわりにたくさん。


自分なりのイメージを、身近なものを写して表してみると、、、


私の感覚なので、人から見ると、え、なんでこれが、、というものもあるかもしれません(^_^;)

自然や食べもの、動物の存在、偉大です。


かも


クグロフ


野の花


かめ


空


confiture



きりがないので、このあたりで、、、(*^ー^)ノ


trace

1年以上

日本の皆さま、GWはいかがお過ごしでしたか?


我が家にも、日本からたくさんのお客さまがいらしてくださり、私も一緒に楽しい時間を過ごしました(´∀`)

{4D21D47C-D961-4D05-9B28-B967F22CCBC5:01}

プロヴァンスいち高い山モン・ヴァントゥにも登りました!

あ、正直に言えば、自転車で登ったのは男子一人だけ。私たちは車でね(;^_^A


テレビでおなじみのおおたわ史絵さんと、ご主人のマサヒコさんです。

じつは、今回、エクス恒例のトライアスロンのレース、アイアンマンに出場されたのでした。

数々のレースに参加し、モンブランのウルトラトレイルも完走したお方です。

日本から自転車持参!やる気です!

しかし、

本当の目的はアイアンマンではなく、ヴァントゥ山の頂上だったのです。

言ってみれば、アイアンマンはそのついで。

ツールドフランスの舞台として名高いこの山に一度登ってみたい!ということで、ご一緒させていただきました。

{BA70FA3D-5ABA-45D4-9B89-3E61140624DB:01}
麓の村、ベドゥアン Bédoin から出発です

{2996169D-3A79-4A2B-9C09-ED2BAD1BA66F:01}
フランスカラーのチームウェアで、遠くに見える山まで。

行ってらっしゃい~~


さて、その間、
私たちは、、、

{7BD992C7-8568-4850-9BFB-6AD0121707A8:01}

{5F9FB92F-F1C9-435F-BE4B-5EEFD81375B6:01}

ゆっくり、のんびり、
村のマルシェでお買い物v(^-^)v



頂上での待ち合わせ時間にあわせて、車で追っかけます。

{B0147760-7DF3-45B0-9AE2-191DAF4D780B:01}
おや。
突然、山の中腹に、見慣れたおじさまが。ハイ、こちらは昆虫博士のファーブルさん。プロヴァンスのファーブルさんは、よくこの山で昆虫の観察や採集をしていたそうです

{B2716F18-4769-496F-A49E-6CB115EFB811:01}
山頂に近くにつれて、残雪が。

{45616CDE-39BB-4A81-9393-5D783E6C265D:01}
頂上から見たすばらしいアルプスの眺め。
子どももおばちゃんも、いろんな人が次々登ってきます。


そして……

少し降りたところで、村で仕入れた食料で、ピクニック タイム (*^ー^)ノ

新緑の中でのごはんは何よりのごちそうですネ (^O^)/

{E38E48B7-B508-45F4-BBFC-3F9336F70AF4:01}

自転車は麓の村でレンタルもできるので、我も!というかたは、ぜひトライしてみてください(^-^) 



エクスのアイアンマンはハーフなので、こちらにも日本人がもっと参加されたらうれしいな。

はい、私と一緒にピクニックだけでも、ネ


美しい初夏のプロヴァンス。気持ちいいです✨

{4EE1CAFA-99C2-42EF-954E-5B9207919647:01}


おおたわ史絵さんのブログはこちら






1年以上

阪急うめだでのフランスフェア2016も無事終わり、エクス・アン・プロヴァンスの我が家に戻りました。

任務を終え、ほっとしたとたん、二人とも、珍しくひどい風邪をひいてしまいましたヽ(´o`;

今年もたくさんのかたにお越しいただき、おかげさまで去年を上回る盛況となりました。
来てくださった皆さん、ありがとうございました! 

すでに来年の準備に入りつつありますので、また1年後、お会いしましょう



東京にはフェア前に立ち寄り、かつて一緒に仕事をした仲間や後輩のみんなにもたくさん会うことができました。

しかし、会いたくてしょうがない何人かの人には会えない。というジレンマ。

まず、会いたい理由は、お世話になったお礼を言いたいから。
会えない理由は、連絡先がわからなくなってしまったから。

メールで繋がっているからと安心していても、会社のアドレスだと、退職してしまったらアウト。
住所だって、引っ越したら、それまで。

だから、後悔の念にずっと苛まれている。
なぜ、繋がっていた時に、ちゃんと心からの気持ちを伝えなかったのかと。

人と人のつながりなんて、脆いもの。一期一会であることを、改めて肝に銘じました。


プロヴァンスは、今、私のいちばん好きな季節です。

新緑が一気に大地から吹き出し、サクランボの花、藤の花、花蘇芳、菜の花が一気に咲き競い、これから、アカシア、リラ、マロニエ、コクリコ、バラ、ジャスミン、西洋菩提樹へとつながっていきます。

ラベンダーも美しいけど、この花の競演たるや、毎日うっとり。
一年、この時期を待ち焦がれています。

4、5、6月は飛行機も夏に比べたら安いし、人もまだまだ少ないので、私のオススメシーズンなのです^_^ 

{71A94DF9-8383-4D99-B8F5-B6AB97F3B212:01}

{83C5B379-C0FF-4EA5-8570-DBA8C049BD07:01}

{A065EAB9-83D0-42AB-B905-A97C66F7AE18:01}

{98A264F3-5CF8-4F79-832E-038EF8AC61B1:01}

{11B056C0-DB51-4C92-AA19-E93F0AA2C0C8:01}

{373B34D0-DD1C-4B79-AA34-0E3754BD43A3:01}

{020910BF-3828-4E2A-A076-8BA7B2A5F435:01}

{732DDACD-4C67-42B6-A56B-C2DFF5EBFA5E:01}





プロヴァンス発 南フランス暮らし365日

作者:yoko machida

プロヴァンス発 南フランス暮らし365日

マルセイユ在住の編集者の備忘録。フランス生活における人間関係、社会現象から、料理、ワイン、アートなどなど、テーマを決めず、書き綴っています。

7日 45 総合 1008 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



yoko machidaさん新着記事



過去記事

yoko machidaさんへの新着コメント




ニースブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 プロヴァンスのブログ
2位 provence-travelのブログ
3位 南仏アヴィニヨンより
4位 南仏プロヴァンス陶器・雑貨のお店☆Le Petit Nice のブログ
5位 プロヴァンス発 南フランス暮らし365日
6位 Kyotoïte en Provence
7位 南仏スタイル・プロヴァンスの暮らし/南仏ホームステイ
8位 マルセイユ日本語補習校(幼稚園~中学)


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニースでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録