Welcome!

プロヴァンス発 南フランス暮らし365日

1年以上

ブログをはじめてから、初めてこんなに更新に時間がかかってしまいました。

去年の12月にシャンブルドットをスタートしたばかりだというのに、ありがたいことに、ずっと毎日いろんな方が泊まりにいらしてくれて、うれしい悲鳴。
もっとも、たったの1室しかないのだから、たいしたことない、といえばそうなのかもしれないけれど、このブログやサイト、フェイスブックページなどを見て、遠い日本からたくさんの人が来てくださるなんて、びっくりするやら、うれしいやらの毎日なのです。

しばらくはお掃除のお手伝いさんも雇わず、自分でやってみようと決めていたので、掃除、洗濯、アイロン、洗い物、ベッドメイキングなどであっという間に1日が過ぎてしまう。

それでも、いっしょにアペリティフをしたり、夕食を食べたりしながら、いろんなおしゃべりをするひとときはとっても楽しくて、ついついそんなときは後片付けのことも忘れて喋りすぎてしまいます。

旅に出ているときって、私もそうですが、かなりテンションが高いんですよね。そして、ネガティブな問題は家に置いてきているから、みなさん、超ポジティブ! 
そんなハイテンション&ポジティブなオーラをもらっているから、1ヶ月半以上お休みなしでも、病気にもならず、元気いっぱいです。

ほんのつかの間、お休みがとれたので、エクス・アン・プロヴァンスの音楽祭の最終日、「フィガロの結婚」を観て、シャンパンを飲み、翌日は和食と日本酒で乾杯しました。

プロヴァンスはそろそろラベンダーが収穫の時期に入っています。

季節がひとつずつ、移り変わって、もうすぐ8月。

ちょっと疲れたときは、バーベナのお茶を入れ、ビタミンたっぷりの桃やネクタリンなどをいただいています。

日本もまだまだ暑い日が続きますが、みなさんも体に気をつけてくださいね☆

読者登録をたくさんいただいておりながら、お返事もできずにごめんなさい。
この場を借りて、お礼申し上げます。

オリンピック☆☆☆がんばれ、にっぽん☆☆


先日、プレスの取材のコーディネイトをした際、一緒に気球に乗りました!
早朝の美しい光のなかを、ふわりふわりと空中散歩。
気持ちよかったー。

仕事しながらも、ここではいろんな息抜き、心地よさを思いきり楽しんでいます。

40過ぎて、思い切って人生を変えてよかったと心から思える、このごろです。

プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-朝の気球


プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-朝もや



にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 フランス旅行情報が満載です♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 リアルなフランス情報が満載です♪

1年以上
��������ヲ��コ�クッ����������ィソ��ォ�����ヲ�����ヲ��ソ��セ���(^-^)


�、���ウ�・ュ��ョ�、�����ァ���ッ��イ��ィ�����ョ��キ��ョ�ュ���ォ��ョ�������サ������ォ��ェ��」��ヲ�����セ�����セ���������

����ュウ�����������ョ�ュ���ァ�����・����ク。�ヲェ��ォ��」�����������ヲ�。��ァ���ァ�シ��・������ヲ��������ュ��シ��ェ��ウ��ー��ケ�����シ��ウ��コ�����エ�����ヲ�����セ���������

�ェ���カ��������ョ�ュ������イ��ィ�����ァ�ク。��������������������������ェ��������������ウ�����ョ�ココ�����。��ョ�����セ��ァ�。�����������ーサ����ェ������コ�������������������クュ��ォ�ス���ヲ��ヲ��������ョ��ウ��ァ��ェ�����ョ����クュ��������ウ�����ウ��ゥ����ァ������������ァ������

�ヲェ����ュ「�����ォ�。���」��ヲ��������ュ��コ��ィ�����ヲ�����ヲ���
��������ッ�����ウ��������������ェ�����」��������ゥ�������クュ��ァ����ァ」�������シ�
��������ッ��������ョ�ュ���ェ�����ョ��カ�����カ�����ェ��������」��ヲ���

����������ヲ���ヲ�����������。��������セ���������

�ュ��セ���ョ�����������」��ヲ��������������������ケ�����ャ��シ�����ェ�。ィ��セ��������、��ェ��������。�����」�����ョ�����ェ������

�、セ�シ���ォ��ゥ�ソ������ヲ��������」��ヲ��������������������ィ��ェ��������」��ヲ��������」������

��ァ�������、ァ�ココ��ォ��ェ��」��ヲ�������ョ���ィ��ォ�ソ������。�����」��ヲ����ココ��ィ��������。�カ������ヲ����ココ��ョ�コ��ィョ�。������セ������

�ァ���ョ�ッ���ッ�����」��ィ�ォ・�ゥア�����ク�����ヲ�����������������ゥ�����セ�����ォ�セ������ァ��������、��セ��ァ�����」��ヲ����ゥコ�」���カ�、「��ィ����キ���ョ�ク�����ュゥ�����ヲ����、「��ィ����ヲ���ヲ������
�����ェ��������ッ�����ォ��ソ��������ェ��ョ�クュ��ォ��・��」����、「����ヲ��������������������ク������������ヲ���������(^^;;

��������������ョ��ッ�����ェ��������ヲ�ヲ������������������������ェ�����ァ�������������������ィョ��ョ�����ス����、ゥ��ァ��ョ�����ョ��ェ�����ァ�����������ュ���

�ョ��ソオ��ェ����������ァ���ッ�����ョ�����ス����������カ������ァ��ェ�����ョ��������ゥ����ー���ェ�����ィ�������、セ�シ���ォ��。�����������ェ��������ッ����セシ��������ィ��ッ�����ヲ�����ェ�����」�����������ォ���������
��������������ィ�����ォ�サ��ス「��������セ��������������������ィ��������」�����������ゥ�����������ァ��ェ��������ー��ヲ��������ェ��」��ヲ�����セ�����������。����������ココ��ォ�ソキ��������������。��������������ァ���������

�����セ�����������ヲ�����ゥ��ウ��ケ��ァ��ョ��������ヲ��������ョ�����������������������������ョ�サカ��キ�キ��ク���ォ�����」��������ィ��ェ��ョ��������������セ���������

�ー���������������ッ��ソ�����ェ��������」��ヲ��������ァ�����������ョ��セ��セ�シク��ー��������������ェ�、セ�シ���������ウ��ァ�����ュ���

��������ェ�����ィ��セ��ァ��������ョ��キ��ョ�ュ�����������������ヲウ�����ヲ�����セ�����セ���������

�����・��������������「�����������セ������

�����������ソ��ェ���������
�エ���オ��ェ��・�����・�������ス。




Envoyテゥ de mon iPhone
1年以上

先日の夏至祭の夜、ある男の子に目が釘付けになりました。

街角でローリングストーンズを演奏していたアマチュアバンド。
歌はいまひとつパワーに欠けてたけど、演奏はとてもよかった。

群衆の中にいた、4、5歳くらいの男の子。
若い両親に連れられて来ていたのですが、演奏の途中、突如、両腕をぐるぐる回しながら、動き始め、お尻を突き出し、右手で背中をガシガシたたき始めたんです。

お母さんやお父さんが止めに行っても、断固拒否! そのうち両親共々あきらめて、子どもの好きなようにさせていましたが、その子はひたすら、そのポーズ。

最初は意味が分かりませんでしたが、これは彼の陶酔のポーズ、エンドルフィン分泌中のポーズ、ノリノリのポーズなのではないかと気がつきました。

私は考えちゃいました。

子どもの頃、みんながもっていたこういう自由な表現、いつから失ってしまうんだろうって。自分の世界をみんなもっていたのに。
そういうこともひっくるめて、社会に適応するってことなんだなあって。

子どもの頃の気分や発想をいつまでも持ち続けられる人、あるいは、完全に忘れてしまう人。大人にはこの2種類がいる。

たとえば私の母は児童文学を書いてきた人だけれど、彼女は完全に前者で、いつまでたっても、川の上を歩いたり、空を飛んだりする夢を見てる。先日はカタツムリの殻の中に入った夢を見たらしいし。70過ぎてますけど、、、

私は残念ながらここまでの才能を受け継いでいませんが、でも、自分をがんじがらめに規制することはしてこなかったと思う。いま、こうしてフランスに住んでいることも、もしかしたら、その延長線上のことなのかもしれません。

誤解をおそれずに言えば、フランスに来てあらためて思うのは、日本って、自己規制せざるを得ないムードがむんむんしてる国。
つねに人の目を気にしてしまう、人からどう思われてるのか、自分は好かれてるのか、嫌われてるのか、、、。
だから、たとえば、世界でいちばん「有給休暇を消化できない国」なんでしょう。

こうしておかないと、やばいよね。みんなもそうしてるしね。
群衆からはみ出すことを悪とする雰囲気。小さい時から、協調性を徹底的に叩き込まれちゃうから、これは教育、社会のせいなんだろうと思います。
でも、そこには意味がわからないことがいっぱいで、たとえば、私の中学校では冬は黒のタイツは不良の色で、肌色しかダメだった。高校に入ったら、その逆。だから私は先生に、どうしてなんですか、その色にどういう意味があるんですか、と聞いたのですが、もちろん先生は明確な答えなんか持ってない。ここで先生が自信をもって、論理的に答えてくれれば子どもも救われるのだけど、ごまかす。

こんな無意味などーでもいい規則に小さな頃から縛られ続けているのですから、そのうち羊になってしまう。またはむやみに反抗するか、、、。

原発のことにも通じます。
もしかしたら、自殺大国であり続けていることにも通じているのかもしれません。

ひとりひとり持っている個性を自由にのばせるような雰囲気が必要。
「自分の世界」をいつまでも持っていられたら、世界はずっと広くて心地いい。


いつの時代にも、最近の若者は覇気がないとか、いろんなこと言う大人はいますけど、それは若者のせいじゃなくて、自分たちのせいなんだって、ちっとも気がついてない。

そういう大人は、「自分が子どもだった時の記憶をいっさいなくしている大人」です。


プロヴァンス発 南フランス暮らし365日


プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-男の子1




にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 フランス旅行情報が満載です♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 リアルなフランス情報が満載です♪

1年以上

先日の夏至祭の夜、ある男の子に目が釘付けになりました。

街角でローリングストーンズを演奏していたアマチュアバンド。
歌はいまひとつパワーに欠けてたけど、演奏はとてもよかった。

群衆の中にいた、4、5歳くらいの男の子。
若い両親に連れられて来ていたのですが、演奏の途中、突如、両腕をぐるぐる回しながら、動き始め、お尻を突き出し、右手で背中をガシガシたたき始めたんです。

お母さんやお父さんが止めに行っても、断固拒否! そのうち両親共々あきらめて、子どもの好きなようにさせていましたが、その子はひたすら、そのポーズ。

最初は意味が分かりませんでしたが、これは彼の陶酔のポーズ、エンドルフィン分泌中のポーズ、ノリノリのポーズなのではないかと気がつきました。

私は考えちゃいました。

子どもの頃、みんながもっていたこういう自由な表現、いつから失ってしまうんだろうって。自分の世界をみんなもっていたのに。
そういうこともひっくるめて、社会に適応するってことなんだなあって。

子どもの頃の気分や発想をいつまでも持ち続けられる人、あるいは、完全に忘れてしまう人。大人にはこの2種類がいる。

たとえば私の母は児童文学を書いてきた人だけれど、彼女は完全に前者で、いつまでたっても、川の上を歩いたり、空を飛んだりする夢を見てる。先日はカタツムリの殻の中に入った夢を見たらしいし。70過ぎてますけど、、、

私は残念ながらここまでの才能を受け継いでいませんが、でも、自分をがんじがらめに規制することはしてこなかったと思う。いま、こうしてフランスに住んでいることも、もしかしたら、その延長線上のことなのかもしれません。

誤解をおそれずに言えば、フランスに来てあらためて思うのは、日本って、自己規制せざるを得ないムードがむんむんしてる国。
つねに人の目を気にしてしまう、人からどう思われてるのか、自分は好かれてるのか、嫌われてるのか、、、。
だから、たとえば、世界でいちばん「有給休暇を消化できない国」なんでしょう。

こうしておかないと、やばいよね。みんなもそうしてるしね。
群衆からはみ出すことを悪とする雰囲気。小さい時から、協調性を徹底的に叩き込まれちゃうから、これは教育、社会のせいなんだろうと思います。
でも、そこには意味がわからないことがいっぱいで、たとえば、私の中学校では冬は黒のタイツは不良の色で、肌色しかダメだった。高校に入ったら、その逆。だから私は先生に、どうしてなんですか、その色にどういう意味があるんですか、と聞いたのですが、もちろん先生は明確な答えなんか持ってない。ここで先生が自信をもって、論理的に答えてくれれば子どもも救われるのだけど、ごまかす。

こんな無意味などーでもいい規則に小さな頃から縛られ続けているのですから、そのうち羊になってしまう。またはむやみに反抗するか、、、。

原発のことにも通じます。
もしかしたら、自殺大国であり続けていることにも通じているのかもしれません。

ひとりひとり持っている個性を自由にのばせるような雰囲気が必要。
「自分の世界」をいつまでも持っていられたら、世界はずっと広くて心地いい。


いつの時代にも、最近の若者は覇気がないとか、いろんなこと言う大人はいますけど、それは若者のせいじゃなくて、自分たちのせいなんだって、ちっとも気がついてない。

そういう大人は、「自分が子どもだった時の記憶をいっさいなくしている大人」です。


プロヴァンス発 南フランス暮らし365日


プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-男の子1




にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 フランス旅行情報が満載です♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 リアルなフランス情報が満載です♪

1年以上
こんにちは。

昨夜は1年で一番日が長い一日でした。
ここエクス・アン・プロヴァンスは昨夜は快晴!
夜10時頃までほんわか明るい夜。

世界中でいろんな夏至祭があると思うのですが、こちらフランスは、毎年、音楽祭と決まっています。

市庁舎前の広場では、クラシック。
ミラボー通りではポップスやロック。
マドレーヌ寺院前の広場ではレゲエ。

公式のコンサートだけで5つも。

そのうえ、入り組んだ街の小径を歩けば、あちこちの街角でアマチュアたちが彼らの音楽を聞かせてくれます。

若者も、子ども連れの家族も、熟年カップルも、グループも、みーーんな町に集まって、静かに音楽を聴いたり、踊ったり、笑ったり、飲んだり、食べたり☆
こんななかにいたら、いやなことも、腹立つことも、悲しいことも、忘れちゃう。

私は浴衣で出かけ、下駄で足が痛くなりながらも、レゲエで踊ってしまいました。いやー、楽しかった♬♬♬

この音楽祭、今年が31回目。
1年でいちばん日が長いこの夜は、誰でも好きな場所で音楽を楽しめ、そのすべては無料と法律で定められました。
当時の文化大臣ジャック・ラングのお手柄。

これぞ、ベル・ロワ☆
すばらしい法律ですよね。
こういうのがフランスの素敵なところ。
税金高すぎるけど、こういうことや教育費や医療費などで恩恵を受けていると思うと、払う気にもなるってものです。

小さな町エクスも、夜中の2時過ぎまで、町中、人、人、人。。。音楽に導かれながら、町をそぞろ歩き。

私たちは、まだ明るい時間から、アペリティフを飲みながら、気持ちのいいひとときを満喫。
音楽って、ホント、人の心をハッピーにする薬みたいなもの。
ときどき思う存分、服用したほうがいい。
おかげで、心がすかーーーっと解放されました。


みなさんも、すてきな週末を☆

写真でこのハッピーな気持ちをおすそわけします♬

プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-4
プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-3
プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-2
プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-1
プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-5
プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-11
プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-15
プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-16
プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-12
プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-10
プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-9
プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-7
プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-6
$プロヴァンス発 南フランス暮らし365日-17

少し、酔っぱらってますが。。。音楽にかんぱーい♬



にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 フランス旅行情報が満載です♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 リアルなフランス情報が満載です♪

プロヴァンス発 南フランス暮らし365日

作者:yoko machida

プロヴァンス発 南フランス暮らし365日

マルセイユ在住の編集者の備忘録。フランス生活における人間関係、社会現象から、料理、ワイン、アートなどなど、テーマを決めず、書き綴っています。

7日 23 総合 1012 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



yoko machidaさん新着記事



過去記事

yoko machidaさんへの新着コメント




ニースブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 プロヴァンスのブログ
2位 provence-travelのブログ
3位 南仏アヴィニヨンより
4位 南仏プロヴァンス陶器・雑貨のお店☆Le Petit Nice のブログ
5位 南仏、マルセイユの生活- Life in Marseille, France
6位 Ma Petite Vie En Provence
7位 南仏スタイル・プロヴァンスの暮らし/南仏ホームステイ
8位 南仏暮らし + 働く母の日記


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニースでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録