Welcome!

プロヴァンス発 南フランス暮らし365日

1年以上

久しぶりにダヴィッドと二人揃ってお休みの日曜日です。

私は休日でも、なんだかんだと掃除をしたり、メールをしたりしてしまうのですが、彼は休みの日は完全に休みます。

少しでも仕事に関することを話しかけたりすると、

「やめて。今日は休みです」

とシャットアウト。
それはもう、徹底しています。
こういう頭の切り替えは、本当にすごい。だから集中力を発揮できるんだろうなあと、客観的に観察している私です。

ひたすら美味しいものを食べて、ごろごろ昼寝をしているかと思うと、突然、むくりと起き上がって、友達とペタンクに出かけて行ったりします。

フランス人カップルは、子供がいてもいなくても常に一緒に行動することが多いのですが、私たちは前回も書いたように仕事も一緒なので、こんな風に相方が猫のように気ままに行動していてくれるのが、私には心地いい。

それでいて、マルシェに行くと私の大好物のものをあれこれ買ってきては料理してくれたりする優しさがうれしい。

男って、猫タイプがモテるのかもしれないな。

「俺ってなんてやさしいんだろう」と、こちらが言う前に口に出すのは、お愛嬌ってことで。




ところで、来週はダヴィッドの誕生日。
あぁ、またその季節。

物質的な人じゃないので、欲しいものを聞いても何もない。つまり、プレゼントにまず困る。
そして、いつからか、毎年恒例でサプライズを用意しているため、その企画にも悩む。

彼は、
特別なにもしなくていいよ。いつも通りで。十分幸せだから。
などと言うのですが、そうはいきません。
ここまできたら、私の意地。どれだけ驚かせて、喜ばせるか。


今年は誕生日のプレゼントは依頼済み!
アルザスの友人シェフのコックコートが素敵だと以前言っていたのを思い出して、彼に頼んで送ってもらうことになっています(サイズが合うのか、ちゃんと誕生日前に着くのかだけが心配)

そして、どうやら天気が相当よさそうなので、カシのキッチン&テラス付きの海辺の家を予約して(秘密です)、友達たちにも来てくれるよう依頼済み(秘密です)。

プロヴァンスの海辺で育った男なので、海がなにより好き。
太陽と海の匂い。仲のいい友人との時間。それが今年のプレゼント。
もちろん、彼が大好きな食べ物や美味しいワインもたっぷり用意しなくちゃ(リストを作成して、少しずつダンボールに詰めています。あとは当日マルシェで)。

難関は、誕生日当日、仕事が終わったあと、どうやって、どんな理由でダヴィッドを海辺までナビゲートするか。そして、私はいったい、いつ、そんな大荷物を抱えて、どうやって準備をするのか?? 

うまくサプライズが達成できるでしょうか。

乞うご期待~


uni

大好物のウニの季節! 古代にウニを食べていたのは地中海人と日本人だけ。地中海のウニは日本のより身が少ないのが残念だけど、味は濃いです。

uni *

痛くないというのですが、私は痛くてこんなことできません。子供の頃から海に潜って獲って食べていたというだけありますネ。

vin blanc

コキアージュには白ワインですね。南仏の白も美味しいです。

1年以上

こんにちは。


ブログを始めてから、こんなに間が開いたのは初めて。
また再開です。
どうぞよろしくおつきあいください!



私はいつも相方のダヴィッドと一緒に仕事をしていますが、試行錯誤しながら、よりよい形を模索してきました。

最初は何から何まで一緒にやってみたけれど、さすがに24時間一緒というのはタイヘンすぎる。

相手が誰でも。

ぶつかる。


だから、それぞれ不可侵テリトリーを決めて、お互いに口を出さない部分を作っています。

別行動の仕事も増えました。

チャーターや料理教室は彼のお仕事。
私はホームページやFB、メールのやり取り、徒歩ガイドやシャンブルドットなど。

そんなわけで、彼にちょっと長い泊りがけのチャーターやアテンドが入ると、一人でシャンブルドットを切り盛りすることになります。


基本的に一人も好きなので、そんなときは思いきりひとり時間を満喫。

寝室におにぎりやおせんべいを持ち込んで夜更けまで本を読んだり、普段は飲まないのにレモンチェロを寝酒にしてみたり、束の間ベジタリアンになってみたり。

一人なのに、超ハイテンション!!

でも、これは期限があるから楽しいのです。

やっぱり、二人一緒がいいです。


プロヴァンスもすっかり秋。
秋の光は優しくて癒されます。

今週末には冬時間に切り替わり、日没が1時間早まります。

ちょっと寂しいけれど、あと1ヶ月もすればクリスマスマーケットが並び、イルミネーションで町が輝く美しい季節の到来ですキラキラキラキラ

1年以上
KLMの機内誌"Hollande Herald"で面白い記事を読んだので、英語のまま転記します。
興味がない方はスルーしてください。

世界のトップシェフ、Nomaのレゼ・レゼピ氏が滞在した際の東京の食の話。
日本の話は、フランスにいても雑誌などで話題にならないときがないほど。
案外日本にいると、どんな日本が面白がられているのかわからなかったりするけれど、この記事はその一端を教えてくれる。
オタクの日本、500年前の日本、キッチュな日本、シャープな日本、、、いまの東京の魅力はそのとてつもないバラエティの豊かさと質の高さにある。


Nature's Best
Master Chef René Redzepi's Visionary View of Tokyo

Award-Winning Danish chef René Redzepi has been tantalizing our taste buds with his culinary creations for several years now. Here, he treats us to a taste of Tokyo, a city he has fallen for in a big way.

Text: Yvette van Boven and Julia Gorodecky
Photography Oof Veschuren


For someone who happened to fall into the profession by pure chance, Danish chef René Fedzepi (37) has made quite an impressive mark on the culinary world in a fairly short period of time. After having left secondary school at 15, he followed his good friend to the Copenhagen Hospitality College simply because hi didn't know himself what he wanted to study or do later in life. His decision turned out to be a great one; within a week he had won a competition for the best dish, and from then on, his path has taken a deliciously steep upward curve.
After his studies, Redzepi apprenticed at the Michelin-starred Pierre-André restaurant in Copenhagen, before moving on to work at the three-star Jardin des Sens in Montpellier and elBulli in Barcelona. At the tender age of 25, he was contacted by Claus Meyer, who offered him the position of head chef in a nez restaurant that was opening up in the North Atlantic House cultural centre in Copenhagen. Despite having been offered several head chef positions before, the opportunity to start a restaurant from nothing appealed to Redzepi so much that he accepted Meyer's offer and in 2004, Noma served up its first meal.
Ten years and several accolades- including World's Best Restaurant four times- later, and Redzepi is still flying high. He has even taken Noma's concept more than 8500km across the globe to Japan where, for one month earlier this year, he and his team ran a pop-up version of their world-famous Michelin-starred restaurant, called Noma at Mandarin Oriental, Tokyo. Not only did this enable the Japanese to experience the sweet taste of Noma's success, it also gave Redzepi the opportunity to realize his desire to explore Japan's cuisine, ingredients and culture, and integrate that inspiration into his own creations.
Located on the hotel's 37th floor, Noma at Mandarin Oriental, Tokyo emanated a serene Japanese-Scandinavian air while offering an amazing view of the bustling metropolis below. Backstage at this peaceful interior, you could find Redzepi's young, often tattooed, team preparing the day's dishes, while listening to pounding hard rock.
The world's number-one chef is, himself, a calm and gentle man; someone who is self-assured yet modest. When he speaks, he does so with a serious expression. "Tokyo may seem culturally distant to many of us, but let me assure you: it is one of the easiest cities to get around" he says. "Everything is so transparent, so well-organized and safe. Some of the young people might look pretty extreme, but you will never feel unsafe. It's really incredible. Visiting taking a trip to Milan or Paris. But that wasn't why I came here. My main reason to visit was the food."

New inspiration
In Denmark, Redzepi goes wildcrafting almost every day, looking for wild plants, herbs and mushrooms. In Tokyo, however, that's not really possible, so what does he do? "In Japan, the produce is of such high quality and the varieties are so numerous that it's easier to look for ingredients here than in Copenhagen. You can't compare it to anywhere else in the world," he says. Since arriving in Tokyo, Redzepi has had a great deal of help. Local chefs have assisted him in looking for ingredients across the country and brought him into contact with nature guides, while mushroom pickers and naturalists have helped him find the twigs and branches from which he presses natural oils. They also introduced him to places such as one and sake shops and the famous Tsukiji fish market.
"We didn't want to spend our short time here developing a menu on a theoretical basis," Redzepi explains. "Our plan was to sample as much as possible, and to read and see whatever we could of this country's extensive and great culinary traditions. Then, once we had carried out that research, we let all our knowledge and creativity erupt into a menu. " He goes on to add that it is certainly not his intention to open more restaurants or to extend Noma. " I just wanted to spend time in a different, and stimulating, place to find fresh inspiration and to take new knowledge back home with me."

Spiritual dining
Redzepi says that the Tokyo experience has surprised him; Japan, its people and especially its food have made a real impression on him. "Tokyo is my favorite city in the world," he admits. "I used to think it was Nez York, but now that I've been here for a while, I truly feel Tokyo is better. Everything is fantastic here, better than in any other big city. You can find absolutely everything in the culinary field. You can enjoy the best pizza or dine at the trendiest, most expensive restaurants, but you can also travel 500 years back in time. Japan's classic tradition is alive here, alongside the very best French cuisine. There are also unimaginably beautiful museums, stunning architecture and excellent hotels, even the cheaper ones. And what's more, you can eat the very best sushi without having to pay a lot!
No one would argue with that, as on every street corner there is fabulous food to be found. Japanese cuisine has many faces and for each style, there are restaurants. Not just for sushi, sashimi and tempura, but also for oden ( Japanese comfort food: small patties poached in broth) , ramen(noodles), yakitori( barbecue skewers) and the classic kaiseki cuisine from Kyoto( ancient Japanese cuisine that stems from minimalist Zen aesthetic and refined court culture): it's all there. The care for each individual plate is fascinating in its own right.
"Ingredients aren't only seasonal, they tend to have a certain meaning too," Redzepi says. "That's so beautiful: eating certain vegetables in a particular season is not only good for your health, but they also can convey a spiritual message. And the dishes on which the food is served play an important role, too. I find that precise care incredibly interesting."

Hipster coffee shops
Tokyo has more than 80,000 places to eat: the largest number of restaurants in any single city worldwide. Generally speaking, they'er not very big, so if you want to eat in a specific restaurant, booking a table in advance is a must. Japanese people are very friendly and happy to help. Even without knowledge of the language, you can usually make yourself understood with a gesture and a smile.
More accessible than Japanese menu-only restaurants are the many simpler eateries and izakayas( bars). These usually display perfectly recreated plastic versions of various dishes in the window, so you can pick your favorite. But don't hesitate to enter any establishment that doesn't have such a display. Their excellent hospitality and quality of even the simplest bowl of noodles will surprise you.
Like all great cities, Tokyo consists of a wide variety of neighborhoods, from ultra-hip to business-like to fancy. As far as food trends are concerned, Japan is often at the cutting edge. Small hipster coffee shops, for instance like those in Amsterdam, London and New York, can be found everywhere. To the Japanese, this must be a relative novelty, since most bars and restaurants only serve tea. But like everything els in Japan, brewing coffee has been elevated to an art form, requiring ample practice. More types of beans and more ways of making coffee are involved than most of us in the Western world have ever witnessed.
Redzepi is passionate about one place in particular, Switch Coffee. His favorite coffee house- a tiny, simple and sober café with just a small two-seater bench outside- is located on a secluded street in Tokyo's Meguro district. "It's great. You can choose from six roating methods and six different types of bean from six countries there. Now that is definitely what I call 'unique'!"

Early birds
According to Redzepi, those suffering from jet lag must make the most of their sleeplessness by visiting Tsukiji fish market in the early hours of the morning and, in particular, their famous tuna auction. As only 120 people are allowed in, and free tickets are distributed on a 'first come, first served' basis, it's best to get there between 3am and 4am and apply for your ticket at the Osaka Fukyu Center( Fish information center) by the Kachidoki Gate. The auction starts at 5.25am, so a little patience is required, but it is well worth the wait. Under the supervision of uniformed guards, those patient and lucky enough to go in are guided into a designated visitor's area to watch the proceedings. Inside the vast hall, hundreds of deep-frozen tuna, sorted by size, lie on the floor in long rows. Buyers move slowly among them, armed with hooks with which they gauge the quality of any fish they might be interested in. After a while, an auctioneer starts the bidding from a chair in the middle of the hall, his hoarse voice unaided by a microphone.
If you're not such an early bird, then you can always visit the wholesale fish market (the largest in the world) from 9am, or peruse the wider variety of wares on offer in the adjacent outdoor market until 2pm.
And when you're done 'window shopping' the fish, Redzepi advises you drop by Sushi Zanmai, which is situated in Tsukiji. "You can eat the best sushi for next to nothing, 24 hours a day," he says. "Finding food of such excellent quality at 6am would be impossible anywhere else. Having experienced these king of little things, going back home will take some getting used to."


---"Holland Herald" May 2015

cover
1年以上

2週間後、東京でトークイベントをします。
お時間がありましたら、ぜひ遊びにいらしてください。
明日から受付とのことです。
皆様とお話しできるのを楽しみに、東京に飛びます!

こちらは毎日快晴です。
今日も真っ青な空。
これから海辺でランチをしてきます~~。久しぶりの休暇を太陽の下で満喫します。うふ。



「ハーブや香りに包まれたプロヴァンスのライフスタイル」
町田陽子(プロヴァンス在住/エディター)
実生活に基づいた体験を交えながらご自宅で実践できる
アイディアをご紹介いたします。
●5月23日(土)15時/17時
●5月24日(日)15時/17時

※ご予約は5月11日(月)から承ります。
ご予約・お問い合わせ:03-3352-1111(伊勢丹新宿店大代表)
伊勢丹新宿店本館5階ベッドバスデコール
*各回定員(20名)になり次第お申込み終了とさせていただきます。

http://www.florame.co.jp/4924

jasmin
もうすぐ、だいすきなジャスミンの季節。



南仏プロヴァンスの旅ア・ラ・カルト 公式フェイスブックページ>>>

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 フランス旅行情報が満載です♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 リアルなフランス情報が満載です♪

1年以上
---シンプルでいる、というのはなんて難しいんだろう。

18年前に訪れた、リヨンのレストラン「ポールボキューズ」のメニューがどこからともなく出てきたので、なんの気なしに読んでいたら、最後の最後にこの言葉が引用されていた。
引用。そう、これは、画家ゴッホの言葉なんですって。
現代の料理人の神様の琴線に触れたこの言葉、たぶん今を生きる誰の心にも響く一言だろうと思う。

私が何か心を悩ましている時、いつもダヴィッドに言われる言葉。
「どうしてそう複雑に考えるの? 問題を複雑に難しくしてるのはあなたです」

そして、
「ストレスを生み出しているのも、あなた自身です」

ゴッホの言葉も、ダヴィッドの言葉も、深い。

シンプルで簡潔でいるためには、私はまだまだ修行が必要。

なにかコツがあったらどなたか教えてください。


今日はお知らせがふたつ。

今月5月23日、24日の2日間、東京・新宿でセミナーイベントをします。
両日、午後2回行う予定です。
プロヴァンスのライフスタイル、ハーブや植物の話などをする予定。
詳細はまたお知らせしますが、お時間ありましたらぜひお越しください。
このブログでおつきあいしている皆さんと直接お会いできたら、本当にうれしいです。シャンブルドットでもそうなのですが、バーチャルがリアルになる感覚は、とってもエキサイティング。


今年の初め、フランス観光開発機構のルポルタージュ大賞のブログ部門でノミネートしていただきました。フィガロやマリークレールなどのブログと並び、光栄でした。それもこれも、この拙いブログを読んでくださっている皆さんのおかげと感謝! かなりご報告が遅れましたが、お礼申し上げます。


今年は、目標だったことがひとつ叶いそう。
これはまたいずれご報告しますね。

何度も書いていることだけれど、夢はしょせん夢だなんて斜に構えず、かっこ悪かろうが髪振り乱してでも成し遂げるべし。人生は短いです。お互い人生楽しみましょう。


さて、1日の終わりにゆっくりお風呂でも入るとします。
今日は海塩とラベンダーのエッセンシャルオイルを混ぜて、つやつやお肌になろうかな。
とっても簡単。
海の塩にラベンダーのエッセンシャルオイルを瓶の中でしっかり混ぜて、バスタブのお湯に流し入れるだけ。
(目安は塩500g、エッセンシャルオイル10滴)


GW中のかたは、どうぞ日頃の疲れをきれいに流してくださいね。



garçons

4月のフランスは復活祭のお休みで、すでにバカンスモード。1日だけ私たちもジョインして友人宅でバーベキュー。

garçon

世界共通なんだ。デザートの生クリームを顔につけるの。男ってシンプルで、ホントうらやましいわぁ。

petite fleur

8歳の可愛いお友達が庭に作ったアートです。

petites

シンプル男子に比べたら、ちっちゃくても女の子の方が顔つき自体、すでに複雑っぽい。内緒話?

un chat




南仏プロヴァンスの旅ア・ラ・カルト 公式フェイスブックページ>>>

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 フランス旅行情報が満載です♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村 リアルなフランス情報が満載です♪


プロヴァンス発 南フランス暮らし365日

作者:yoko machida

プロヴァンス発 南フランス暮らし365日

マルセイユ在住の編集者の備忘録。フランス生活における人間関係、社会現象から、料理、ワイン、アートなどなど、テーマを決めず、書き綴っています。

7日 23 総合 1012 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



yoko machidaさん新着記事



過去記事

yoko machidaさんへの新着コメント




ニースブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 プロヴァンスのブログ
2位 provence-travelのブログ
3位 南仏アヴィニヨンより
4位 南仏プロヴァンス陶器・雑貨のお店☆Le Petit Nice のブログ
5位 南仏、マルセイユの生活- Life in Marseille, France
6位 Ma Petite Vie En Provence
7位 南仏スタイル・プロヴァンスの暮らし/南仏ホームステイ
8位 南仏暮らし + 働く母の日記


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニースでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録