Welcome!

Kyotoïte en Provence

1年以上

th_IMG_1162

プロヴァンスと言えばラベンダー。6月よりプロヴァンスはラベンダーが咲き乱れます。

ラベンダー畑の中に行くとみんなが女優になるから不思議。国籍人種を問わずカメラの前でポーズしてしまいます。ほんとふしぎなもので、ラベンダー畑で写真撮るのにむっつりした顔の人いないからね。ほんとうに幸せになるのかも知れません。

大まかですが咲いている地域は、東はグラースから西はアルルの北まで。有名なのはソーSault やアプトApt などの高山でのラベンダー畑が有名です。標高が高くなるとだいたい8月まで咲いていることが多いです。またエクスの近くではひまわりも同時期に咲き乱れておりました。

そのあたりへはだいたいが一日ツアーが基本ですが、プロヴァンス・カルチャー・ツアーのチャーターでも大丈夫です。

高度やその年の気温にもよりますがだいたいは6月中旬から8月の半ばまでと言われています。ただ、エクスから近い地域は7月後半で刈り取ってしまうことが多いようです。去年のはゴルドのセナンク修道院は7月半ばで刈り取っていました。今年はまだあります。沿道にはおみやげ屋さんもちらほらあり、エッセンシェルオイルが50mlで8€から10€で売っています。(もちろんお店によって違うのでいろいろ試してみることも楽しみのひとつです。ラベンダーとラバンダンの二種類があります。)

もちろんその年によっても違いますのでどうぞご旅行の際は事前にお確かめください

lavendre

1年以上

fete de cinema6月29日から7月2日まではフランス全土の映画館の入場が3,5€なのでまず第一弾として「かぐや姫の物語」を見に来ました!こういう映画館が安くなるのって実は春とか秋とかの3日間限定!でよくあるのですが、夏のシネマフェスティバルも嬉しいです。

さて「風立ちぬ」に続くジブリ作品。トレーラーだけ見てたらかなり、竹取物語ってどんな話だっけ?たしか求婚されてやっぱりイヤだから月いくんだよね。ぐらいしか記憶になかったのですが、ところがどっこい、すごい作品でびっくりしました。とにかく絵も美しいし、内容が実は濃い。決しておとぎ話だけでは終わらない。

これはすべての女性の話。

竹藪のそばで天真爛漫に育っていた女の子が、翁の思い込みで都に引っ越し、都で貴族になり、「高貴な姫」として良いところに嫁に行くという目標を持って生きることになる。

良い縁談のところへ嫁に行けと迫る翁と、それを拒む娘。普通に俗っぽい話にも見える。princesskaguya

表面的に見るとなんと古典的でそんなんで2時間持つのか?挙げ句の果てにはフェミニストが怒り兼ねない状況ぐらい思っちゃうかも知れないけど・・・本当はそんな単純なものじゃないの。「幸せとは何か?」「生きるとは何か?」とかさえ見てる人に問いかけるかなり大人の映画なのにはびっくりした。この映画は子供向きじゃない。フランス語のポスターには「姫の犯した罪と罰」という仏訳文句がないのでついついポニョみたいのかな。。と思ってみたらとんでもない。これは大人向きでもあります。もちろん子供も見られる。

あとおもしろかったのはかぐや姫に求婚した5人の男性の詳細までちゃんと描いてくれてるのでそれはそれで楽しめました。でも結局彼女が犯した罪というのは5人の男性を傷つけたことなんかじゃない。この映画の原作は読んでないので知らないのですが、そんな浅いことじゃないことはわかる。月にいたときに地球に行きたいと願ったこと、そして地球で月に帰ろうと願ったこと。

あと月へ帰るシーンの美しさやあの想像力も素晴らしかった。月の住人の曼荼羅ご一行様など。実写にするとぜったい昔のサントリーのCMみたいになっちゃう。月の世界と地球の世界を分けてしまうところとかはなんか単純かなとも思ったけど、月とここまで深く対話する文化というのも面白いと思ったわ。

でもこれほんとうに地味な作品?なのかもしれません。こんなデッサンタッチのアニメで半泣きできる映画は久しぶりでした。もう日本では公開は終わったと思いますが、すごい深い映画。

もちろん、絵の美しさは、絵はがきで見るような日本の風景。都の儀式のシーン、山の植物、景色などは本当に心が安まるほど美しい。実はかなりおすすめです!このフランス映画感謝デーが終わるまでに次は未来世紀ブラジルの監督のゼロテオレムを見に行く予定。また書きますね。

1年以上

夏至の日である6月21日は毎年フランスの文化省にとって音楽の日。文化省のページによるとこの音楽の日のムーブメントは、デュバイ、北京、、世界100カ国に広がっています。すごいフランス文化のプロモーション威力だなと感心・・

もちろん日本(特に関西は熱い)でもこちらのお祭りは行われます。

http://www.mediatv.ne.jp/ongakunosaijitsu/index.html

冬至はかぼちゃ、夏至は音楽よね。

フランス全土で無料コンサートが開かれたり、路上アーティストも元気。日本のそれと大きく違うところは勝手に路上に出て演奏したり、こうやってプログラムを前提にする演奏だけではなくもっと自発的な雰囲気があります。見せたがり?聞かせたがり?(笑)。。。ただこのお祭りをアルコールを飲んで騒ぐだけと勘違いしている輩も多く、エクス市では最近は「もっと音楽、アルコールは控えめに」をスローガンにやっています。今後あまりにも風紀を乱すようなことがあるのならば、演奏を登録制にするとの動きもあるようです。そうなるとつまんなくなりそうだけど・・・

ちなみにわが街のコンセルヴァトワールのプログラムはこちら。もちろん街中ではいろいろなジャンルの音楽がいっぱい。今週末は外にでて音楽を楽しみましょう!ヴァカンスシーズンの号砲です。

Fly_2106

1年以上

SAVONS

マリウス・ファーブルが教えるマルセイユ石鹸の使い方とは?!知らなかったフランスのおばあちゃんの知恵。

シミ落としに 洗濯機の前にごしごしこするように濡れた石鹸をこすりつけるとシミ落としに効果あり。どんな合成洗剤よりも効果あり!ワイシャツの襟元には特にお勧め。
歯磨き粉として 歯を綺麗に白くします。歯茎にもいいらしい。
こむら返りに マルセイユ石鹸をベットの端に置いておくと、夜中のこむら返りやリューマチに効く!(というのは本当のマルセイユ石鹸というのはカリウムが多く使われており、こむら返りはカリウム不足からおきるもの。つまりベットの脇にストッキングなどに包んでおいておくと皮膚からカリウムを吸収すると。。)
かすり傷に 軽いかすり傷や切り傷にも効果あり
タンスの除虫剤として
蛾であるタンスの虫には細かく切ったマルセイユ石鹸がテキメン!

 

体や衣服を洗うため走ってましたがこむら返りに効果があるとは!歯磨き粉としてマルセイユ石鹸を使ってる人は個人的には知りませんが、重曹は確かに白くなったけど。。ほんまかいな!なマルセイユ石鹸。すごいんですけど。ちゃんとマリウスファーブルのページに堂々と書かれているので・・そうなんでしょうね。。

参考サイト
http://www.marius-fabre.fr/conseils/trucs-astuces/
http://www.medecine-et-sante.com/maladiesexplications/crampesnocturnes.html
http://www.infirmiers.com/forum/savon-de-marseille-et-crampes-t115068.html

1年以上

collage

年に一回のセザンヌのおうちでプロヴァンスディナー&ワインのお知らせです

来る6月28日午後7時半よりセザンヌ邸でMOFになりかけた(笑)(実際フィナリストまで残ったので次の機会には必ず獲るでしょう)地元のシェフとエクス中心の5つのAOPのワイナリーが集結してディナーを開催します。これは年に一回の観光局(ワイングルメ課)企画のお祭り。舌の肥えた地元の人が選んだ地元産のワインとプロヴァンス食材だけのおまつり。観光局主催なので実はクオリティに曇りがありません。自慢できるものしかもって来てませんから。準備に準備を重ねてきたエックス地方局の自慢のイベントです。

テーブルごとに下記の参加ワイナリーの醸造家がつき、ワインの説明をしてくれるというキモイリ企画です。ぜひお見逃しなく。食事の最初にはアペリティフタイム。それから真夜中までセザンヌ邸のお庭で夏の夜を楽しみましょう。

メニュー

- Poissons Méditerranée
Terrine de Bouillabaisse / Subtile rouille / Pain toasté

地中海のおさかな
ブイヤベースのテリーヌ、絶妙ソースとトーストしたパン

- Pièces de veau Français
La longe cuite devant vous / Tartine de légumes de saison / Jus osso bucco

長時間下ごしらえした一口サイズの子牛、季節の野菜、ジュスオッソブッコ

- Chèvres de Provence
Maki / Gelée de Pomme Granny

プロヴァンスのシェーブルの巻き、グラニーりんごのジュレ

-L’assiette du jardinier confit  minestrone de fruits de saison à l’essence de rose
gâteau de fenouil parfumé à l’anis étoilé
croque violette
coulis de melon à l’essence de sauge

庭師のコンフィ、ローズエッセンスの季節果物のミネストローネ、星アニスのフーヌイユ風味のお菓子、クロックヴィオレット、セージのエッセンスのメロンソース

もちろんお料理とワインだけではなくアトリエセザンヌの館長によるセザンヌ邸宅のお話もあり。

日時 2014年6月28日土曜日19時30分より

場所 Jardin de la bstiede de Jas de bouffan
会費 65ユーロ
ご予約 直接エクサンプロヴァンス観光局 0442161161(仏英語)まで電話予約。
もしくは私まで直メールは日本語でOKです。

当日は観光局のお手伝い予定です。よろしければお声かけてくださいねー~!!goutezvoir

Kyotoïte en Provence

作者:姉小路りつ子

Kyotoïte en Provence

京女インプロバンス

7日 110 総合 734 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



姉小路りつ子さん新着記事



過去記事

姉小路りつ子さんへの新着コメント




ニースブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 プロヴァンスのブログ
2位 provence-travelのブログ
3位 南仏アヴィニヨンより
4位 お気楽南仏生活
5位 南仏スタイル・プロヴァンスの暮らし/南仏ホームステイ
6位 南仏暮らし + 働く母の日記
7位 マルセイユ日本語補習校(幼稚園~中学)
8位 思えば遠くへ来た私


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニースでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録