Welcome!

Kyotoïte en Provence

1年以上

d467c0b676ba11e2b45022000a1fb3cd_7

先日、本屋で見かけた光景。建築の棚の下にレゴの建築シリーズが置いてある。こういう陳列や売り方はフランスではとても斬新でびっくり。餅屋は餅屋、本屋は本屋、おもちゃ屋はおもちゃ屋のお土地柄。そういえば、ギルドだの、それね、だから、雑貨屋さんはなんかびっくり!きゃ〜!新しい!てなことで、飛びつく。すごい勢いで飛びつく。だから日本のヴィレッジヴァンガードや東急ハンズなどがパリに進出すればユニクロよりもすごいことになると思います。

例えば、 Merci, Muji, Collet..など、フランスの雑貨屋も存在するのですが、ヒップでおされさんだらけ。コンセプト的にはぜんぜん目新しくないのに、なぜかすごい値付けでも人が買っている。

なんでかわからないけど。wiki の Zakkaのフランス語を見てみると雑貨という定義&見解が・・

フランス語wiki, ZAKKA

Zakka (雑貨?) est un phénomène de mode et de design en provenance du Japon, qui s’est étendu à travers l’Asie. Le terme fait référence à tout et n’importe quoi qui permet d’améliorer la maison, la vie, … Il est souvent basé sur des objets de la maison occidentale, qui sont considérés comme kitsch dans leur pays d’origine. Mais cela peut-être aussi être des objets japonais des années cinquante, soixante et soixante-dix. Au Japon, il y a aussi ce que l’on appelle des magasins Zakka asiatiques, généralement d’Asie du Sud-Est. L’intérêt envers le design nordique ou scandinave, ancien ou contemporain, fait également partie de ce mouvement Zakka. Enfin, Zakka peut être de l’artisanat contemporain.
Zakka a été décrit comme « l’art de voir le bon sens dans le cadre ordinaire et banal ».

(大約ですみません。ツッコミ大歓迎)

「雑貨」とは日本発のアジアにも広がっているファッションの現象。もともと意味は「なにかモノ」ということですが、家の中やライフスタイルを豊かにすると考えられています。また多くの場合、悪趣味でキッチュな西洋的ライフスタイルが基本となっています。もしくは、50年代から70年代の日本のライフスタイルも基本になっているようです。日本では、いわゆる東南アジア発祥のアジア雑貨店もあります。また、現代的な北欧デザインもあります。つまり雑貨とは<<ダサかわいい>>アートなのです….

 

一方本家の日本語では

日本語wiki, 日用品 (日本語で、Zakkaの項目ではまだ書かれておらず、そのまま進むと日用品になってしまいます)

生活必需品のほとんどは日用品に含まれるが、日用品の全てが生活必需品ではない。なぜなら日用品には嗜好品や趣味の道具も含まれるからである。こういった製品は主に大量生産によって生産され、豊富に市場に供給されている。社会全体の豊かさの指標として、一般労働者の家庭で消費される日用品の種類とその消費量に注目する場合もある。

 

何なんでしょうこの違い?

私たちが思う、雑貨のダイソーとは全く違うコンセプトでフランス人は受け取ってくれるのがおわかりでしょうか。ということで、雑貨コンセプト言うのが目新しいので、これからヨーロッパ進出をお考えの企業様、是非ともこの美しい誤解のうちに是非とも進出をお願いしたいところです。ただマルセイユのアラブ人街にも雑貨屋は(生活用品屋)存在するのですが、彼らはあのような雑貨には惹かれないようです。日本のおされなシックな雑貨屋のみしか今のところは目にいってないようです。

しかも、パリに次いでおしゃれと言われている南仏の私の街(Aix-en-Provence)でさえ、キャトル・ゼゾンや。FobCorpみたいなお店はないです。コンセプトショップは何軒かありますが、種類も少なくなぜか値段が目が飛び出るほど高く、頼りないです。あと、チェーン店のCasaぐらいなものです。ということでヴィレッジヴァンガードやドンキホーテはフランスの客から彼からするともう天国、いや、物質欲を満たしてくれるMade in China 空間なのかもしれません。日本人がもう飽きたときにです、存在自体を知らないはずですからね。(写真は私ご愛用のマルセイユの雑貨屋さんです。実は売ってるものがダイソーとシンクロします。ただ、こういうお店に普通の白人のフランス人が入っている姿を見たことがありません。たまに観光客がガイドブック片手に入っている姿を見ますが地元の人は絶対買いに来ないです。

zakka

1年以上

アコーディオンで弾くとバッハでさえも風情よぉ〜。なんか、〜〜〜こんな感じ。空気振動が〜〜〜。ゆれてるよぉ〜〜。

アコーデオンって、ピアノほど音階多くないし、しかも自分で左手で空気を送りながらの演奏って体力的にも実は大変。そして、このように表現能力が限られた楽器が愛おしい。もしかしたら昔の楽器ってみんなこんな感じだったのかも知れないし。

高い弦で聞き慣れている弦のヒステリックな音がなくて寂しいなんて思わないで!あと一つの音をだそうとしてるのになんか横の音がちょっと聞こえたりするのもなんか間違えてるわけじゃないし。グレン・グールドだけがバッハを弾くために生まれてきたのではなく、こういう人のバッハを絶対バッハは喜んでいるはず。

しかも、ボタンのカチャカチャする音とか、蛇腹をどこで閉じたかとかも聞こえてくるし。。優しく伴奏してくれてるチェロが必死でこの人にあわせてるっぽいでなんとも良い感じ。


Richard Galliano – Bach – Prélude par umusic

1年以上

858365b4739911e2957722000a1f9a39_7

シテ・ラデュース(輝く都市・Cité radieuse)ユニテ・ダビタシオン(「住居の統一体」と「住居の単位」Unité d’Habitation)はもっともマルセイユらしくないところです。

輝く都市に代表されるル・コルビュジエの都市計画案を、集合住宅として垂直方向に実現したともいえる建築作品と言う噂ですが、正直地味な場所にあり、交通の便もそこまでよくないので今まで前だけ素通りしておりましたが思い切って今回見学する機会に恵まれました。

コルビュジエのことなどはもう皆さんの方が詳しいしググっていただければいくらでも詳細は読めるので割愛しますが、簡単に、スイス生まれ、フランス国籍、1887年生まれ、フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」だそうです。

そんな彼が1947年に依頼された低所得者のための住宅がこれ。輝く都市。1952年に完成。ふつうに2000人が住める136mx56mの高さの大きな長方形の箱形の団地なのですが中のしかけがなかなかおもしろい。今は1600人の住民が住んでいるそうですが、とても静か。そしていちいち廊下に自転車も何も置いてない。ええ市営住宅なのに?!ゴミの分別のチラシも貼ってない。。

9階建ての建物なので、とにかく屋上テラスへ。「ミストラルがキツイので気をつけてください」の張り紙をみながら、外に出るとそこはコンクリートの遊び場。排煙やエレベーターの部屋なのでしょうか、タワーやあと子供のプール、あとアトリエがありました。(絵の具がおいてありました)

ここからの景色は海も山も素晴らしい。でもそれよりも、コルビュジエがデザインした屋上庭園の方がおもしろい。子供が塀を登って落ちるのを防ぐためか、塀は結構高いのですが、ところどころに中世の城の大砲口のように外をうかがえる窓がちゃんと開けてある。もちろん子供でも入れない狭さの縦長のガラスも何もない窓。その塀の高さが高いとはいえ、決して目隠しをしてるわけではなく、龍安寺や大徳寺大仙院方丈の庭のうしろにあるあの塀を思い出したのでした。

そしてまたそのコンクリートの優しいこと。コンクリートと言えば、私はいつも高瀬川沿いにあるTimesビル(安藤忠雄)を思い出すのですが、多分それは作られた世代が違うのでしょう。コンクリートの質が軟質でもろいような気がしました。

そしてアパートの中。典型的な家族四人タイプというのを見せていただいたのですが、ウナギの寝床がデュプレックス(メッザリーニと言います)になっており、キッチン+サロン部分と、違う階が3寝室ありました。部屋がL字型になっており、それが二つ合わさって、『 』ですね、ひとつの長方形を作っているしかけです。

作られた当時は冷蔵庫が各家庭になかったものですから、冷蔵庫置き場は考えられておらず、食料を冷やすための氷を各家庭に配っていたそうです。その氷入れが、今の日本で言う宅配箱みたいな形で各住居の入り口におおきくありました。

また当時低所得者のための住宅にかかわらず、(あの不潔で有名なフランスで!)4人家族の家に風呂桶のあるバスルームがひとつと子供用のシャワールームがひとつというデラックスなデフォルト!(この設定は当時のものらしいです)そして、すべての窓は二重窓で外の音が全然聞こえない。それももともとのオリジナル設計だったそうです。

中にはパン屋、コンビニ、カフェ、幼稚園、図書館もあり、昔からのコンセプト「街の中の街」として当時としては画期的に機能的にできていると思います。

彼がこの団地を造って20年もたたないうちに大阪万博があり、その大阪万博で2000年の世界はみんなチューブの中の自動車で移動してるのだろうと夢見たような夢の残骸を感じずにもいられません。いまでこそ、レトロフューチャリズムっぽく見られるのですが、当時の感覚ではどうだったのでしょうか。とても気になります。

コルビュジエを実際見るのは生まれて初めてで、非常に興奮してしまったのもあったのですが、これだけいちいち人に「おまえ感動しろよ」と訴える建築もなかなか疲れます。相性があるのかもしれませんが、見学は楽しかったです。

facade

また、コルビュジエが今の建築材を使ってたら何を作っていただろうと想像してしまいます。またバルサルリー(Vesarely)がMacを持っていたらどんな作品を作っただろうか?だって富田勲さんだって初音ミクですもんね。

是非ともマルセイユのおやまの観音様参り(Basilique Notre Dame de la Garde)の次は是非ともルコルビュジエがおすすめです。中のカフェ(ホテルのカフェなので結構開いてます)の白ワインがなかなか安い割に美味しかったのでまた印象良かったのでした。。

Cité radieuse “Le Corbusier” – Unité d’Habitation -
昔の呼び名は「ファダの家」 (1947)
280 Boulevard Michelet – Marseille 9区

見学は毎日9時-19時まで 9階の屋上とホテルとカフェのある階は自由に見学可能。
ただし、アパートメントの中を見学したい場合はホテルのレセプション兼レストランで見学希望の旨を伝えるとひとり5ユーロで建築好きの住民の家の中へ案内してくれます。(仏語)トロネ修道院も兼ねての見学などのお問い合わせはこちら

Hotel Le Corbusierも絶賛営業中!

terrace le corbusierjardin zen le corbusierpiedテラス空気孔e39e49b2739811e29dbc22000a1f9e59_7

1年以上

casino_large
さて、今日はフランスのカジノ事情について。カジノというラファイエット系のスーパーチェーンではなく、賭博のカ・ジ・ノです。

日本では一般的に賭博は禁止されていますが、日本国での曖昧な法律の下、合法か非合法かも隣国に気を遣って議論さえされない今の状況に憤りさえ感じるのですが、怒ってばっかりはいられない。合法国を見てみましょう。

一応単元的にフランスのカジノ事情についてまとめてみました。

 

フランスにはカジノが195カ所(2010/2011)あります。1969年は155箇所あったのですが80年代半ば少し減りまた数を取り戻してきました。ヨーロッパの中でもフランスは最も多く、全体の37%の数を誇り、次はイギリス、ドイツ、スペインと続いています。

しかし、営業成績はヨーロッパの30%未満。地理的には地中海、大西洋岸の南仏で全体の半分をしめており、PACA (Provence Alpe Cote D’azur)地方(南の地中海あたりです、Aix,Marseilleも含まれます)が一番多く、22カ所。しかも2012年に3カ所もできたところです。

歴史的にこのような賭博(偶然の遊びと言う意味です)が公然としだしたのはルイ15世の時代から。フランス革命によって王政が倒れると賭博に対する制限が無くなり更に流行しましたが、総裁政府の時代には賭博場を公認としてコントロールしつつ、課税対象に。そしてその後のナポレオンは賭博規制を行い、第三共和政の1907年に合法化されました。つまり、賭博はしてもいいです。でもちゃんとその分の申告して税金は払ってくださいね。と言う意味です。

ではどこにでもカジノを建てることができるのでしょうか?

article_pasino

実は決まっており、リゾート地、温泉地、スキー場、海水浴場をもち、50万以上の人口が必要。もしくは運営資金の40%以上の資金補助を地方自治体からうけられ、もしそれができない場合は、近隣の村や市と力を合わせてできること。。が条件なのです。

管轄官庁は内務省と財務予算省。このふたつの監督下に置かれます。入場できるのは成人と見なされる18歳と1日たってからで、2006年以降は入場時にIDの提示を求められます。(それまではIDの提示はなかったのですが、入場料としてゲーム代込みの10Eurosを払っていました)現在は入場は無料。2008年からは公共の場の禁煙法もカジノ内でも法律が有効になり受動喫煙の可能性はありません。

こちらはフランスのカジノトップ10です。大きな都市としてAix, Dauville,Bordeaux,Nice..があります。(小さいながらやたら成績のうちの街Aix)

 

 Classement des premiers casinos français au 31 octobre 2011

Rang

Casino

場所

Groupe

グループ

PBJ Total 2010-2011

賭博収入

(en million d’Euros)

Nombre de machines à sous

遊技機械の数

1

Enghien-les-Bains

Barrière

157,6

450

2

Aix-en-Provence

Partouche

55,4

340

3

La Tour-de-Salvigny

Partouche

50,1

400

4

Amnéville

Tranchant

47,1

330

5

Deauville

Barrière

41,1

356

6

Bordeaux

Barrière

40,3

275

7

Toulouse

Barrière

38,8

325

8

Cassis

Barrière

37,8

250

9

Nice Ruhl

Barrière

36,7

300

10

Saint-Amand-les-Eaux

Partouche

36

250

 

国内カジノをまとめている大きなグループが 4つあり、そのうちのツートップ巨頭BarriereとPartoucheが全体の60%のシェアを占めています。私の街のAix en ProvenceはこのPartouhe組なので、PartoucheのCasinoということで、我々はパジノ(Pasino)と呼んでいます。このダントツのEnghein les Bainsは名の通り、パリ近郊の温泉地。ゴッドファーザーのアトランティックシティみたいなものでしょうか。

最近の傾向として入り口でのID検査や、景気の低迷、喫煙の禁止、インターネットギャンブルの増加もあり収入は緩やかながらも減少しています。

賭博総収入は、約1.25億ユーロ(2010/2011)54%は強制徴収で税金。その使い道として、61%は国庫行き、18%は社会貢献のため、そして残りの21%は自治体へ。つまり半分以上が税金として使われていると言うことです。カジノに行く=税金払いに行くと思えばいいわけでしょうか。

しかしこのような状況下でも庶民の一発当ててやろうの夢は存在し、宝くじ、競馬なども含め、国民の余暇の使う文化的予算としては第6位。全体予算の9.3%を使っているようです。

 

カジノや賭博の歴史は、ギリシア・ローマ時代の奴隷同士や奴隷と動物の殺し合い時代からといいますから、まぁ人間がこの地上に存在する限りもしかしたら最後まで残る娯楽なのかも知れません。ただ、それがここまで税金で管理されているはずなのになんともどの国でも怪しい雰囲気を持っているのはなぜでしょうね。不思議でなりません。

 

最近は賭博遊びの種類もバラエティに富んできましたが・・・うーん。このあたりはわからないのでどうぞこちらのサイト(仏語)へ。パチンコも行ったことないのでわからないのですが、是非ともフランスへいらしたときはカジノへどうぞ。今やどの会社も2サンチームから賭ができる機械もあるそうです。一度見学に行きたいなと思っていますが。ハヤリモノのコンサートなどもよくやっていますし。それはまたお楽しみにとっておきます。。

Pasino

21 avenue de l’Europe
13090 AIX EN PROVENCE
Tel : 04 42 59 69 00

1年以上

beignet francais
フランスのパティスリーというとお菓子全般なんでもそつなく美味しく作ってくれそうですが、ドーナツだけは本当にダメ。彼らは「油で揚げるお菓子」というのをもしかしたら軽蔑してるのではないかと思うほど、油揚げ菓子に対する情熱も工夫もありません。もしかして、私みたいに残り油捨てることとか、台所が汚れることが嫌で、揚げ物をしないのか、揚げ菓子や卵カスタードはもしかしてポルトガルとかイタリア?と思うことが多いのです。

さて、フランスのドーナツ。パン屋も商売っ気を出して見るのですが、あれはたぶん、買ってきたドーナツを、物珍しいと思えるお客さんや、英語圏や何も知らないアジア人向き相手に、1,8ユーロだとか恥ずかし気もない価格で売ってたりします。一つがですよ。ミスドの100円サービスデーを見せてやりたいぐらいですよ。ほんとに・・・さて。

beignet-2-thumb1

まず伝統的パン屋+お菓子屋で売っているドーナツの特徴:

★やたら分厚い。5cnぐらいありそう、つまり中が乾いている。

★リング状はみかけない。まん丸の中に、「フランボワーズ」か「チョコレート」の二つしか選択がない

★シロウトでもわかるほど揚げてから時間がたっている(スーパーで売ってる4つ入りとかと変わらない)

★できたてのパンオーショコラや美味しそうなクロワッサンよりも高い

ということです。『ミスド』が中華を出す前から、アメリカンな雰囲気で売ってた頃から、ミスドで青春を過ごした私。ドーナツ&ブラックコーヒーというまるでツインピークスのFBI捜査官のあの「だーむぐっど」にはほど遠く、悲しい思いをしているのですが、別の美味しいものがあるのでドーナツ好きはフランスではもうあげた拳をおろすしかないのでしょうか。

ということで、米国最新事情はあまり分からないのですが、私が思うに、ドーナツ、カップケーキ、マフィン、ベーグル、という仏一般人にとっての珍品種に関してはそんなにえばるほどのモンじゃないと思っております。もちろん若い女性はこのあたりのカタカナデザート(カタカナじゃない、英語読みするデザート)が大好き。マフィンはもうそれほどじゃないのですが、カップケーキ&手作りキャラ弁の紹介とかはなぜかこの国の女性が群がっている様子です。

どうせなら、ヒロタのシュークリームを流行らせろとおもうのですが、シュークリームといえばそうそうフランス語。でもヒロタのシュークリームっぽいものはほとんどうってなくて、シュケットという具のない皮だけをパン屋さんで味わうことができますが、具なしですからね。。。。もちろんエクレアはあるのですが、あのとろけるクリームではなくどっしり。あんこみたいなクリーム。そうとうガッツのある日でないと最近は無理です。私。

もちろん、パリの専門店は別ですが、フランスの伝統的パン屋とは「バゲット」さえ出してれば生活できるのでそこまで研究熱心ではないのではなさすぎて、それなのに、パン屋のおばさんはどこへ行っても偉そうだし(バイトはなぜかみんな愛想良い)菓子パンの種類は全然変わらないし、いったい。。それでも生きていけるこの国のパン屋さんは日本の昔の米屋さんぐらいの勢いと思えばいいのでしょうか?まだまだパン屋とタバコ屋は組合強そうです。

そいえば、ほとんどアラブ人の主人もいないですしね。

フレンチクルーラーということで今回はイケテないフランスのドーナツのお話しでしたが、忘れないでください。
フレンチクルーラーは日本の宝です

世界遺産登録しても良いぐらいです。そもそも普通のフランスのパン屋さんの菓子パンの研究熱のなさになにかつけこんで是非とも「みたらしだんご」でも不意においていただけたらと白昼夢を見ることもあります。みたらしだんごは伝統的有形文化財でも結構です。

息子がほおばる写真のドーナツはいわゆる専門店ドーナツで実は頂きもの。チョコの装飾までついていて(なんかこういうこと言う時点で、ドーナツ鑑識眼のレベル下がってますね)日本を彷彿させるおいしさでございました。

Kyotoïte en Provence

作者:姉小路りつ子

Kyotoïte en Provence

京女インプロバンス

7日 26 総合 828 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



姉小路りつ子さん新着記事



過去記事

姉小路りつ子さんへの新着コメント




ニースブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 プロヴァンスのブログ
2位 provence-travelのブログ
3位 南仏アヴィニヨンより
4位 マルセイユ日本語補習校(幼稚園~中学)
5位 フランス留学のすすめ - 続 Viva!! フランス留学 -
6位 *イタリア料理紀行☆南フランス、トゥールーズ食便り
7位 思えば遠くへ来た私
8位 南仏プロヴァンス陶器・雑貨のお店☆Le Petit Nice のブログ


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニースでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録