Welcome!

Kyotoïte en Provence

1年以上
虫の穴のあるりんごの季節




1年以上
ここはお料理はそこそこするのですが、カフェは1ユーロポッキリ。息子の同級生パパママ経営レストラン。A table.




1年以上






我が街のコンセルバトワールとは要するにフランスの各地方都市にある国立音楽学校の事なんだけど、息子の先生と約束があり始めて中に侵入。だって今まで事務所手続ばっかりだったんだもん。

昔の貴族の館らしくサロンもありやたら屋根が高い。羨ましい環境。ここに入ってふと京都の武徳殿の事を思い出した。今でこそ武道の館になっているが私が小学生の頃、京都市芸の音楽科が岡崎にありしばらくの間ソルフェージュを習いにいってた。

実は嫌いだったわけでもなく、当時塾だのなんだので過労で体調を崩し結局、続かなかったけど、当時分からないながらも、芸術とは特権的な建物でするのかもしれないと朧げに感じてたものだ。

しかし時代は変わった。再来年からこの旧市街ど真ん中の貴族の館はもうコンセルバトワールの母体であるエックス市の家賃では払えなくなり、保険会社が買い取ったそうだ。年々音楽を習う生徒は減り続け、先生も減り、習える楽器も減ってきている。再来年からはコンセルバトワールは市の再開発地区に新設され「難しい地区」とされる低所得者エリアへ移動する。

もちろん教授陣の反対はあったらしいが、再来年からはこの美しいサロンで学生が音楽を習う事はないのだろう。時代はかわり現代的な隅研吾の建物でまた同じレッスンが始まる。そのときにはもしかしたらフランスの「けいおん」の舞台になるのかも知れない。

このクラシック至上主義にちょっと一撃でも与えるのも悪くないかもね。

1年以上
オシャレなはずのラタトゥイユにシイタケをいれてみました。歯ごたえがあり味にも幅ができなかなか。因みにShiitakeは最近やっと抗がん効果があるという事でBioのお店などでも売られてるんだけど、そんなオサレ食材カテゴリーなものかしら。。




1年以上
さて、何で仏語ではヤドカリの事を、ベルナール ハーミットと呼ぶのかが分からない。ジラールでもピエールでも良かったんじゃないの?と軽く突っ込みを入れたくなる。










もう泳ぎに来るのも今年は最後かなぁ。

母はToulon近くの海岸で寝そべりながらも911の本日は喪に服すためなのか週末ルモンドのフランシス・フクヤマの寄稿が余りにも暗すぎて私のTwitterのフォロワーと同じぐらいのレベルのペシミストでちょっと安心した。

Kyotoïte en Provence

作者:姉小路りつ子

Kyotoïte en Provence

京女インプロバンス

7日 26 総合 828 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



姉小路りつ子さん新着記事



過去記事

姉小路りつ子さんへの新着コメント




ニースブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 プロヴァンスのブログ
2位 provence-travelのブログ
3位 南仏アヴィニヨンより
4位 マルセイユ日本語補習校(幼稚園~中学)
5位 フランス留学のすすめ - 続 Viva!! フランス留学 -
6位 *イタリア料理紀行☆南フランス、トゥールーズ食便り
7位 思えば遠くへ来た私
8位 南仏プロヴァンス陶器・雑貨のお店☆Le Petit Nice のブログ


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニースでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録