Welcome!

Kyotoïte en Provence

1年以上

グランド・カラモン

5月中はこのあたり(プロバンス地方)のワイナリーのお祭りが毎週のようにあり普段は有料試飲のシャトーやドメーヌもお祭りの日は太っ腹で「一杯飲んでけ」でその横で販売という嬉しい企画がたくさんあります。

例えばワイン畑でピクニックをしましょう、ワインは無料で提供しますがお食事は自分らで。などこれは他の分野でも応用できそうな企画もいっぱい。

そして本日お邪魔したのはChateau Grand Callamand. 実はここエクサンプロバンスからほんの15分。AOCではリュベロンに位置するので厳密に言うとVin de Provenceではないのですが、こちらのワイナリーオーナーのセゴレン・ロワイヤル似の義理のお母様現醸造長ナタリーさんの元、大阪出身のエミさんが国内販売を統括しているというとてもユニークなワイナリー。同時にシャンブルドット(ミシュランの赤ガイドにも掲載されているという客層ほとんどヨーロッパ人種というかなり素敵な民宿)もしていているというすぐれもの。

Grand Callamandカラモン

73187872532511e28ce622000a9f13a7_79496898ec56311e291b222000a1f98fa_7

完璧「マダムフィガロ南仏編」の世界。なんですが彼らはぜんぜん勘違いしてない..本物のたたずまい。無駄なものなし。草の香り、山の香り、太陽の香りがするところ。ここの建物は16世紀の建築。500年前の人から使っているこの建物。ついつい石を触ってしまいます。ワイナリー内にはローマ遺跡跡もあり、長い歴史の帯の中の自分の存在をなんとなく考えてしまうようなところ。

で肝心のワインはと言うと。。

22ヘクタールの2/3はAOCリュベロン、残りはヴァンドペイ・ヴォーキュルーズ。葡萄畑は標高220Mの高さにあり、ミストラルがガンガンあたる丘陵地帯。朝夕夏冬の温度差がハンパなく激しく、デュランス川の石ころがゴロゴロ。農業と醸造のバランスをとても大事にしており、農業では徹底した自然派。化学肥料ではなく馬糞を使い農薬や人工的な念慮はなるべく使わないというもの。13種のセパージュを栽培しており、樹齢はだいたい20-30年。

正直どんくさいとも思えるようなこのプロセスとこの家族全員の知性とうまいこと融合してるのがよくわかります。

医師というキャリアを投げ打ってワインの世界に飛び込んだという男前のナタリーさんご自慢はVin de Paysの格付けなんだけどほんとうはスーパーVin de Paysのメルローや偶然のたまものVin NoirというVindange Tardive(遅づみ)の甘口なのですが、私のお薦めはなんと言ってもソーヴィニオン・ブラン100%の白。

もともとサンセールこそフランスワインの神髄!と思っている私ですのでソーヴィニオン・ブランには目がないのですがこれが良いのよ。北の方の線の細い可憐さもいいんだけど、もともと身体能力の高い体操選手がバレリーナになったようなワインなのです(変な例えですみません)

ぱっと口に含むとブラインドだと赤と間違えるようなアタック。この分厚さと、作られているステンレスタンクの冷たさがもう頭の中でぐるぐるまわるような不思議な感じ。決して「ド自然」だけではなく、「理性」がどっかに入ってるのがわかるのーっ。

この日は地元の人ももちろん、プロバンス在住の日本人がたくさん訪れ結構みんな買って帰りました。夏には和太鼓のイベントもあるそうです。またお知らせは追ってということですが、新しい試みを恐れずにするこのグランド・カラモンのワイン今のところは国内が中心で、日本ではエージェントが見つかっていないようです。日本ではまだ発売されていないリュベロンワインいかがでしょうか。ご連絡はエミ・ソーザンさんまで!また、プロバンスワイナリーツアーのご用命はこちらまで。

Chateau Grand Callamand

Route de la Loubière – 84120 PERTUIS – Tél/Fax : 04.90.09.61.00 – Portable : 06 87 47 48 34 (日本語でも英語でも仏語でも)



1年以上

fondationvasarely

セザンヌの街で売っているエクサンプロバンスというのは古くさくて、ヨーロッパのじいさまばあさま好みの田舎のブルジョワしかいないのだろうと思われがちですが、この街の郊外にはかなりモダンな美術館がそびえております。これが今日ご紹介するフォンダシオン・ヴァサレリー

本の車で10分ほどの郊外ですが、ほとんど見に行く観光客の方もおらずひっそりと市民税務署や保育所申込所の斜め向かいあります。とにかくこのあたりは、旧市街のあの古き良きヨーロッパな石造りなイメージはなく、高速道路を挟んだ別世界。ついこないだまで近くにジプシーテント村もありましたが最近見かけません・・この美術館があるJas de Bouffanという地域はいわゆるアラブのカルチエで有名でして(その向こうにはまた高級住宅街という)とにかく足場が悪い。でも高速道路からはよく見えるという。そのようなところにあります。

最初はなんだろうなんだろう?幾何模様がなぜ美しいのかわからなくて、無料の日があればなぜか繰り返し来てしまうのがわたし。。折り紙みたいで面白いけどこの作者がだれかというと、この方がVictor Vasarely (ヴィクトール・ヴァサレリー)そう、あのポンピドーセンターのポンピドー自画像パネルの方です

1906年ハンガリー・ブタペスト生まれ。医師をめざしていたのですが絵に転向。当時ハンガリーのバウハウスの影響を受け、1930年代にグラフィックデザイナーとしてパリの広告代理店Havasで働き出します。その頃発表したZebraが後にオプアートの代表作とも言われるようになります。後20年は、幾何学アート、あとマテリアルアートに傾倒するのですが、あくまでもミニマムなフィギュアと色を使う手法を大いに用います。ちなみに息子さんもグラフィックデザイナーで、彼が1972年に今も使われているルノーのロゴの生みの親。wiki

220px-Renault_logo_1972-199252-000015-02

という、グラフィックデザイナーとしてのキャリアも積み、しかも、オプアートのアーティストでもあるなんとも不思議なおじさんの美術館。

オプ・アート(op art)とは、錯視の知覚心理学的なメカニズムにもとづいて、特殊な視覚的な効果を与えるよう計算された絵画作品のジャンルのこと。広い意味での「だまし絵」(トロンプ・ルイユ)の一種であるが、オプ・アートは原則として抽象作品である。by wiki

この日は、夜の一般公開日でなんどもこの学芸員から同じ説明を聞いてるのですが、またもう一度同じ説明を聞きました。「ほらほらこの作品をずーっとみつめていると見えない線が見えてくるでしょ」とか「よく見るとひとつひとつの四角がうごいてるようでしょ」などなど。。まるでサイエンスフィクションの宇宙船の中に居るみたいなこの美術館。アートなのかグラフィックデザインなのか?
8d83636ac04f11e2820f22000a1fbcef_7468c34e6c04f11e294dc22000ae913c2_71b2f1868004711e295e3123138048d2c_7b3e906f8003e11e2a0d522000a1ea015_7

 

そんなことどっちでも良いんですけど、とりあえず特筆すべきことはこれらの作品をかれはMacやイラストレーターを使わずに作り上げたこと。もちろん彼ひとりの制作ではなく材質からの加工は職人さん達が作ったのでしょうけど。もし、彼がMac使いだったらそんなものができるのだろう。。と。。思わずにはいられません

ちょっとこの美術館、雨漏りも酷く作品自体がみえない部屋があったりもしたのですが。なんとも昔の人が夢見たフューチャーリズムなレトロ感がぬぐえません。Lonly Planetではあまりおすすめとは書いてありませんが、是非ともです。お土産ショップもこの数ヶ月でやたら充実してついついゼブラの絵はがき買ってしまいました。

zebrazebra-1937

Fondation Vasarely

1, Avenue Marcel Pagnol
Jas de Bouffan
13090 Aix-en-Provence
Téléphone :+33 (0) 442 200 109
Fax : +33 (0) 442 591 465
開館時間:月曜閉館 10h00 – 13h00 と 14h00 -18h00
入場料金: 大人9€ 小人6€
バスはロトンドから2番で。


大きな地図で見る


1年以上

rose

ロゼワインというと、ピンクだろう甘口だろうという連想から女子供のワイン(子供飲みませんが)初心者のワイン、と勘違いされることが多いようですが、実はロゼワインが一番歴史が古いのですが。などなど日頃私たちが勘違いしてるロゼワインの噂を9箇条に

1.ロゼって赤ワインと白ワイン混ぜてるんでしょ。

これは全くの誤解。ただし、シャンパン・ロゼ以外。ロゼは色々な方法があり一つは、赤ワインと同じように、果皮も一緒に発酵させ、ほどよく色がついたところで、果皮をとりのぞく方法。2つめは、白ワインと同様な造り方で黒ぶどうをつぶす際に、自然に果汁に色を移す方法や、シャンパンのように赤ワインと白ワインを混ぜてつくる方法などもあります。セニエ法という黒ブドウや果皮色素の薄いブドウを原料として赤と同様の手順で発酵を開始した後、果汁が適当に着色した時点(24時間から1週間)で果皮などの固形物を除去し、果汁のみを低温発酵させる方法があります。ロゼワインは収穫してから直後がこのように忙しく(できあがったらそのままなのですが最初に手間がかかる)赤はその逆。
focus-rose-elaboration-schema-visuel-en

2.じゃ、ロゼってピンクの葡萄品種で作ってるんでしょ。

一応ロゼの作り方のイメージねっ!フラ語だけど画像だけでもわかるのがこのビデオのすばらしいところ!

3.ロゼって普通の赤白ワインより格下なんじゃないの?
決して手抜き商品でもなんでもありません。

4.ロゼって安いでしょ。

あ。それは本当かも。いいじゃないの!?悪い?

5.ロゼが流行ってるなんてデマでしょ

今の時代「アメリカで流行ってるから」というのは宣伝文句になりませんがかなりアメリカでライト志向の高まりから消費量は増えているようです。絵に描いたような右上がりのグラフよね

6.ロゼって結局ちゃらワインなんでしょ

ちゃらに見えるのですが、以外と歴史は深くて、マルセイユに初めてギリシャ人が着いたのがいまから2600年前から存在していたようです。ただ、そんなに今のような洗練されたロゼではなかったようですが。ということで当時はこの味を直すために薬草や香料を漬け込んだりしてたそうです。

7.ロゼって氷入れて飲むんでしょ

そうみたいですねー。やってみます?

8.ロゼって保存効かないでしょ

これも否定できないのですが、ロゼの色の変化の大敵は酸化。女房と畳とおなじ。。早く飲まれることをおすすめします。作り手はリリースされたらその年のクリスマスまででないと美味しく飲めないからこの夏のうち冷やして飲んでおきましょう!

9.ロゼって頭痛くなるでしょ

否定できないですね。。赤ワインの色要素であるタンニン(抗酸化物質)を含まないために酸化防止剤である二酸化硫黄をちょっと多めにいれるワイナリーもあるようです。そのようなこともあるので、アルチザン(職人さん)の作り手のロゼがおすすめです。そういうところはあまり酸化による色の変化など心配せずさっさと飲んでしまいましょう。

GASTRONOMIE-Rosefig


1年以上

プロバンスロゼ

昨今のロゼ人気に疑問な私にタイムリーにもラ・プロバンスという地方紙にロゼの特集がありましたので少しご紹介させてください。

Selon une étude réalisée pour le prochain Vinexpo de Bordeaux (“le” salon mondial des pros de la filière vins et spiritueux), la consommation totale de vin dans l’Hexagone est en baisse depuis les années 1970. Entre 2007 et 2011, elle a reculé d’un peu plus de 7 % toutes couleurs confondues. Mais pour le seul rosé, sur la même période, la consommation a bondi de près de 12 % !

ご存じの通りフランスでは1970年代よりワインの消費量は減る一方なのですが、例えば2007-2011年の間、全体として7%も国内消費が減っているにもかかわらず、ロゼワインだけ見えると12%も増加しているという事実が!

このような傾向は10数年前から顕著に表れたそうです。それにしても生産者組合や協同組合の特別なロゼに対する啓蒙活動というよりも、消費者の好みの変化が大きな要因のようです。

“Contrairement au blanc ou au rouge, les consommateurs achètent un rosé parce qu’ils aiment sa couleur”, insiste François Millo, directeur du Comité interprofessionnel des vins de Provence (CIVP).

赤や白と違って、ロゼは消費者が好きな色だから。と・・・プロバンスワイン生産者組合のディレクターさん。(理由を聞いてるのに)

Pour ce vin facile à boire, lié à l’été et aux vacances, les consommateurs recherchent des bouteilles pratiques et ludiques. Les capsules à vis sont de plus en plus utilisées pour les fermer, le rosé, qui n’est pas un vin de garde, ne nécessitant pas de bouchon en liège. Les étiquettes des bouteilles sont colorées et graphiques.

ロゼは蘊蓄もあまりなく簡単に飲め、イメージが夏!バカンス!と分かり易い。ロゼは長期保存もを必要ともしないし、コルク栓を使うよりキャップであけるものがだんだん多くなっていますし、ラベルのデザインもも伝統的なエチケットではなくカラフルでデザイン的なものが多くなってるとのこと。

フランスはロゼ消費量トップで年間ひとりあたり11,8リットル飲み干しているそう。(年間ひとりで約ボトル16本?)もちろん国別でもでもダントツ1位で世界の35%の消費、2位のアメリカ14%を大きく引き離しています。(自慢でもないんですが)

もっともとんでもないデザインのロゼはこちらのサンド・トロペというロゼで、ボトルにサントロペの砂文字がセリグラフィーで描かれているもの。ボトルを触ると砂のざらざら感があってしかもこれがボトルが7.5€で専門店ではなくスーパーや大型店のみに卸しのクーラーボックス付きのバッグで販売とか。

sandtropez

明らかに若い女性狙いのワインですが、それでも生産者はかなり強気。北米向きの輸出が2011年度前年比で62%も伸びてたら・・そりゃ。そんな気になりますよね。鼻息荒いわ。

Provence_Export_Graph4

その昔、日本でロゼと言えばカリフォルニアのBeringer甘口か、ポルトガル・マテウスロゼ甘口(昔は東山くんが宣伝してたんよ)でしたが、ロゼは普通に赤ワイン葡萄品種でつくるということも認識が広がっているようです。

プロバンスでは暑いとよくみんなワイングラスの中に氷を入れて飲んでいるのですが、、、あれも私には慣れません。なんかワインを薄めるのにもまだまだ抵抗がある日本女子です。でもロゼを飲むと夏の暑いときは生き返ります。最近は夕刻のアペロタイムのいっぱいを楽しみに生きているような気も致します。(だって、日がなかなか落ちないし)

夏!バカンス!ロゼ!というリア充発想のロゼですが、夏!暑い!それでも仕事!居酒屋ではとりあえず!なビールの合間にいかがでしょうか?気分転換にはいいかもしれません。

いずれにせよ、アルコール消費は節度を持ってよろしくお願いいたします。


1年以上

Bouillabasse

前回のポストでブイヤベース憲章(ブイヤベース専門店規約)について書きましたが、結局どこが良いの?と良く聞かれるので、おおまかにセレクトしてご紹介。有名店ばかりですが。。まずは心得からどうぞ。

ブイヤベース心得として

    • ブイヤベースというものは正直、京都で食べる高級湯豆腐みたいなものです。お魚が炊かれすぎているだの、スープが水っぽいなど感想はあってもそれはそのお店の基準です。目をつぶりましょう。あと、魚やジャガイモの切り方も「うっそ」みたいな感じで大盛りでできます。覚悟しましょう。
    • プロバンス地方でブイヤベースをいただくときは海の見えるレストランでないとプロバンス度が上がりません。海や港の見えるレストラン席をおすすめします。もちろん予約もお願いします。
    • 比較的時間に余裕を持って。なぜかサービスに時間がかかることが多いです。
    • どこのブイヤベース憲章専門店もプライドを持ってやってるのはわかるのですが、サービスにパリの高級レストランのような洗練を期待しないでください。地元な、家族っぽい、ちょっとやくざな雰囲気の店内がデフォルトです
    • 同時に出てくるアイオリ(ニンニク入りマヨネーズ)やグリヤードチーズをスープの中に入れて食べてください。と説明してくれるのですが、マヨネーズは日本のそれとは違いなぜか脂っこいですし、チーズもフォンデュ用のチーズです。このあたりも、体験としては良いと思いますが、お魚を味わいたい都会な大人は少なめで良いと思います。
    • ご予算はおひとりランチなら50€からを見積もっていただけると良いかも知れません。冷凍は使ってませんから。それだけでも価値はあります。(お一人では断られることがおおいです。
    • ワインはCote de Provenceのロゼなどの比較的安価なのであうと思います。基本魚のスープや汁物?ですので水ぶくれでおなかいっぱいになる可能性大です。
    • 最後のお勘定はだいたい手書きですのできちんと確認するようにしてください.…(たまにたのんでもいないコーヒーが複数ついていたりします)

 

 

ninoChez Nino, Cassis シェ・ニノ(カシス)

マルセイユから30kmほど離れた港町カシスの港の見えるレストランです。港がUの字になっておりその回りはほとんどレストランです。たまにくたくたのお魚が出ると有名ですが、観光地の一等地。ピトレスクなテラス席でカシス城を見ながら。もちろんワインはカシスロゼで。
月曜休
tel 04 42 01 74 32

mimarsMiramar, Marseille ミラマー(マルセイユ)

マルセイユ旧港の代表レストラン。駅からもタクシーで5分ぐらい。他のレストランのテーブルナップが紙なのに対し、ここだけはテラス席すべて純白の美しいテーブルセッティングだけでまぶしいです。ブイヤベース憲章の中心的存在のお店でブイヤベースだけではなくマルセイユ名産のPied- Paquetなどもあります。真夏だけを避ければテラス席は太陽燦燦でノートルダム寺院も港の向こうに眺めおなかいっぱい。隣席との距離も近く、結構がやがやしている雰囲気もありますがそれなりに接待らしき地元の人も多いです。ここのメニュー59€はおふたりから
月曜日休
Tel 04 91 91 10 40

fonfonChez Fonfon, Marseille フォンフォン(マルセイユ)

旧港からタクシーで5分ぐらい。橋の上でおろしてくれるのでそのまま降りればVallon des Auffesという漁港になります。足を伸ばす甲斐があって場所で言うならここが一番おすすめです。夕刻なら普通に魚釣りをしているおじさんがウロウロしています。マルセイユらしい海と白い岩のコントラストを楽しめる絶好のロケーション。小さな港にはピザレストランなどもひしめいており良い感じで中心街から離れてお散歩にも最適です。ここのウリは「海の散歩コース」。お船で海の散歩をして帰港、食前酒、ブイヤベース、デザート、カフェ付きでお一人様85€というなんとも素敵なコースメニュー。6月から9月のみ。
日曜日休 (月曜日は夜のみ)
Tel 04 91 52 14 38


Kyotoïte en Provence

作者:姉小路りつ子

Kyotoïte en Provence

京女インプロバンス

7日 26 総合 828 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



姉小路りつ子さん新着記事



過去記事

姉小路りつ子さんへの新着コメント




ニースブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 プロヴァンスのブログ
2位 provence-travelのブログ
3位 南仏アヴィニヨンより
4位 マルセイユ日本語補習校(幼稚園~中学)
5位 フランス留学のすすめ - 続 Viva!! フランス留学 -
6位 *イタリア料理紀行☆南フランス、トゥールーズ食便り
7位 思えば遠くへ来た私
8位 南仏プロヴァンス陶器・雑貨のお店☆Le Petit Nice のブログ


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニースでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録