Welcome!

Kyotoïte en Provence

1年以上

hotel le corbusier

前回のポストに引き続き今回はマルセイユにあるホテル・ルコルビュジエについて詳細を少しばかり。

遠目から見学するだけではなく、泊まれるとなれば俄然興味がわきますよね。しかもお安ければ・・・ホテルのお部屋は全部で21室、お値段はおふたりで75€から。とはいえ16平方メートルの長細いCabanと呼ばれる部屋ですがユニットのひとつとして建築好きの方からすると一番この建物のコンセプトが感じられて良いんじゃないかしらと思いますが。(ご予約はホームページでお願い致します) もちろんオプションツアーは弊社で。

実は2012年の2月に大規模な火事があり2012年の9月の時点でも9部屋がまだ修復中でした。しかしオーナーの努力でマルセイユの仕事ペースとしてはかなり早急に修復がなされ(実はこの建物コンクリの塊に見えますが、実は内装はかなり木の部分が多いのです)今はもうすっかりすべて元通りになりました。が、今年の2月の時点ではまだ有名な色つきの箱窓が黒く焦げている部分がありました。

またこちらの中に住んでる方のアパート見学もありますので受付で頼んでみられてはいかがでしょうか。住んでる方も実は建築関係デザイン関係ジュエリー関係など、意志を持って、この館に住んでいる方ですので彼らのオタク拝見もなかなか楽しいです。(おひとり様5€仏語のみ・・・)

こちらのcité(シテ・街という意味。一般的には集合住宅)はBlvd.ミシェレの大通りから見えることは見えるのですが、4ヘクタールの敷地にぽつんと絶っているので、「歩き」の場合は相当の覚悟が必要かも知れません。(バス停はあります)でも駐車場は無料だし、とにかく静か。マルセイユの街の中に居るとは思えません。『建築家の腹』という名のレストランもホテルの受付と同じフロアですのでもう中に入れば、(多少高くても)レストラン利用も便利かも知れません。

lecorbusierhotel

1945年から建築が始まったのですが、ルコルビュジエがあの有名な黄金比とフィボナッチ数を用いてこの住居モジュールを建てたことはもう専門家はご存じですね。(このあたりは専門家サイトでよろしく)1986年には歴史的建造物に、そして2008年に世界遺産候補としてユネスコに提出済みという、かなりの自信がうかがえます。(ただまだ認定されたとは聞いておりません・・・)。

2010年からは幼稚園も再開され、また屋上のプールや体育館の改装はパリで超売れっ子インダストリアルデザイナーのORA-ITO(オライト)というデザイン会社が請け負っています。この会社、伊藤さん?のような名前ですが、生粋のマルセイユ出身の男性です。とはいえまだ改装は終わっていません。2013年内に完成予定だけど。。どうなんでしょうか?早く頑張って欲しいものです。

とりあえず、世界の最新デザイナーホテルを期待しないでください!ファシリティとか快適さとか期待する方向けではなく、あくまでも話題作りの方向きとして、現存のコルビュジエ建築に泊まるという体験が貴重なのです。ほぼ、京都の町屋に泊まって地元の人の苦労を共にすると言う感じでしょうか。冷蔵庫のなかった時代ですので、氷扉なども体験できたり、シャーロット・ペリアンの調度物は触るななど、制約も多いです。でもここのオーナー夫妻の物好きでやってるホテルですので、そう言うことも実は考慮していただきたいのです。

ルコルビュジエに心酔する方にはおすすめですが、コンフォートを追求する方はどうぞ他のホテルいっぱいあるので、そちらへどうぞ。でもマルセイユへお越しの際は是非ともおすすめです!

Hotel Le Corbusier
280, Boulevard Michelet 13008 MARSEILLE
電話:+33 4 91 16 78 00

http://www.hotellecorbusier.com/

朝食 10€
追加ベッド 20€
赤ちゃんベッド 15€
ネット環境完備


大きな地図で見る


1年以上

legion etranger
フランス外国人部隊侵入!と書いてみましたが、侵入できるわけがありません。

Facebookの日本人外国人部隊のお友達が「駐屯地祭があるのでどうぞ」というお知らせをいただき、春休み最後の日にローマ時代の古代劇場で有名なOrangeまで将来、兵役可能な男子2人を連れて行ってきました。いや「駐とん地祭り」あのいかつい「グリーンベレー外国人部隊」?ギャップともとれるこのふたつの言葉。(駐屯地の屯って当用漢字かなにかじゃないらしく、ひらがな表示ですよね。間抜けに見えますが)

外国人部隊というともう全員がSATみたいにテロリストを想定した戦いばっかりしてるような兵隊で隠れたところにあるのかなぁとおもってたら、意外や意外、国道沿いに普通に駐屯地が。実は勇みすぎて早く着いてしまいその時間を利用して世界で有数の保存状態であるOrangeの古代劇場も見学できてお母さんは嬉しかったのでした。

orange etranger chavalierchar

さすが駐屯地祭りと言われていただけに、普通の駐屯地祭りでした。

内容は主に戦闘用車両や戦車の紹介、(子供は乗ったり大喜び。これこそ男子)フランスの出店(UFOキャッチャーなど)、ペイントボールバトル、食堂公開など。プログラムを見ていると、音楽隊のコンサートや、基地内での美人コンテスト、などもあり楽しそうです。私は雨も降り出し、寒かったので、子供達が遊んでる間はもっぱら武器の使い方などを教えてくださった兵士さんたちに「どこの国から来たの?」とか「おいくつですか?」とか「前はどんなご職業を?」とか普通におばちゃんトーク。数年前にLE LUCというところのヘリコプター基地でのヘリコプター演舞の駐屯地祭りも同じような雰囲気でしたが、さすが外国人部隊の方が引き締まった感は致しました。というか、とても皆さん小さな子供に分かるように武器の使い方の説明をしたり優しかったです。

ネットにも書いてあるのですが、(兵士の方が話してくれたのですが)入隊試験に合格してからは一旦、名前と国籍を取られ、違う名前と国籍を2年以内与えられるそうです。そしてその後また自分の名前とパスポートが戻るそうです。もちろんその時に、外国人はフランス国籍が与えられることもあるそうですが、外国人部隊とはいえフランス人も入ることが出来、彼らもその期間は、別の国籍の名前の知らない人になるそうです。

17歳半(未成年の場合は親の同意書)から40歳まで、どのような国籍であろうと、どのような前歴があろうと入隊試験を受けることができます。女性は今のところ誰もいらっしゃらないようですが選抜試験に女性を断るという項目はなく、ただ選抜に通らないだけとのこと・・(あらら)しかし、候補生としてはいらっしゃるそうです。

若いあなた!?1831年から続く歴史ある外国人部隊に入ってみませんか?生まれも、学歴も、前歴も、逮捕歴も関係ありません!もちろん選抜試験は難しいし、隊員としての訓練も大変でしょうが、国際エリート兵士集団の雰囲気は多分若いあなたを魅了するでしょう。もちろん退役後の恩給も待っております。

息子らのペイントボールバトルのところで、ガクガク震えながら終わるのを待ってたら、兵士の方が「日本人の同僚を連れてきたよ」と元アルジェリア人の外国人部隊兵士が日本人の現役の26歳の元自衛官の方を連れてきてくださり、少しお話ししてしまいました。お写真を撮って良いものかどうかと迷ったのですが、信じられないぐらい爽やかな青年であとから聞くとさすが外国人部隊でも有能な方で有名らしいです。普通正直、26歳の青年と話すときは、私も構えたりするのですが、有能な青年は頭の回転も良いなーと思わせてくれました。今のところはこちらの駐屯地では日本人兵士は4名ほどいらっしゃるそうです。

wikiによりますと、もうすでに元兵士を含めて日本人は100名ぐらいいらっしゃるそうですね。

その後は街の中で日本人兵士の4人のうちのおひとりと市内のカフェでフランスの軍隊生活を聞かせていただき子供たちはまた興味津々。(その方ももう歩き方からして一般人じゃないの。雨が降ってたので私の傘と一緒に入りましょうと申し上げたら「傘に入る習慣がないもので」と丁重にお断りされたことも加えておきます)息子の無邪気にも、

「なんでテロリストて悪いん?」
「人ころしたことある?」

など、現役の外国人部隊兵士さんを困らせておりました・・・ごめんなさい。

来たれ!若者!フランス外国人部隊Q&A(オフィシャル日本語)


1年以上

パスティス2013 Nouveauté 51 Rosé marseillaise moins d'alcool plus de fruité !!! 51の新商品でました!!!

パスティスと言えばマルセイユ。といえば、ペルノ・リカール。
ペルノ・リカールと聞いてピンと来る方はお酒の好きな方。いやもしかして、経済欄を毎日ちゃんと読んでる方かも。

もともとこの会社、ペルノ社と、リカール社の合併会社。ペルノ社はもともとスイスのアニス酒専門の蒸留酒会社、一方こちらリカールはマルセイユ発。マルセイユのワイン屋の息子ポール・リカール(1909年生)が築き上げた地元の会社。1930年代、もともとデザインの学生だったポールが父親の商売マルセイユ中のバーをセールスしながら。自分のオリジナルのレシピのパスティス酒を苦労を重ね開発したのがこの会社の始まり。もちろんその中には、南仏特有の当時はパスティス酒はあったものの味はどこかしらバラバラでとりあえず混合物の甘みが目立ち美味しくなかったようです。

Paul Ricard was determined to find the “ideal” formula.For over a year, he tested countless recipes. Every night in a make-shift laboratory, the young man would macerate fennel, aniseed and Provençal herbs, distilling, filtering, etc. His aim: to find the perfect flavour, one that captured the pure, fresh taste of aniseed.Finally, in 1932, his original recipe was born. Paul Ricard gave it his own name, ‘Ricard’, and set it apart it from all competitors by defining it as “the true Pastis of Marseille”. The quality and fresh taste of his aperitif are the result of this skilful (and secret) blend of aniseed, liquorice and aromatic herbs. Today, Ricard is the no. 1 anise-based spirit in the world.

Pernod Ricard

そしてこのふたつのアニスの蒸溜専門会社が合併したのが1975年。合併を繰り返し、2005年、世界第3位のスピリッツ企業。そして2008年、アブソルート・ウォッカのヴィン&スピリト社を56億2,600万ユーロで買収。ヨーロッパ、日本、メキシコ、ブラジル、中国及びロシアで第1位というとてつもない緩い南仏にあり得ない優良隠れアルコールコングロマット!

前置きは長いのですがそんなペルノ・リカールが今年発表したのが世紀の食前酒、51 Rose(サンコンテアン・ロゼ)これには8年前の苦い経験に基づいたリベンジでもあるようです。とうのも実は2005年彼らは51Citron (サンコンテアン・レモン)で大コケをくらい、同じ轍を踏まぬよう開発されたもの。彼らとしては絶対数の多い「ロゼワインファン」を取り込みたいようですが・・・発表されたのがつい3月ですので、この夏が初戦というところでしょうか。ライバルはボルドーのLilletだそうですけど。。あれって?違う意味での食前酒ですよね。

お味は・・・色ほど甘くは感じませんでしたが、アルコール度をもともとの51シリーズより抑え、フルーティさを強調したレシピになっております。まだ日本では販売されてないようですので、フランスみやげ、いや、マルセイユみやげにいかがでしょうか?

Du nouveau à l’apéro à Marseille : Pernod lance son 51 rosé


1年以上

タルト・トロペジアンヌ
フランスのお菓子といえば、オペラ、マカロン、シャルロットなど、大げさで作るのも大変そうなものが多いのですが、このトロペジアンヌは実は素朴。だから凝った洋菓子を置いてない(?)パン屋でも売ってることがあります。単純にブリオッシュの真ん中に、ふわふわのカスタードクリームにバターを加えたものをたっぷり挟んだもの。(たまにフランボワーズが入っているのもあり)

ただ面白いことに、こちらの日本人と話していると「トロペジアンヌが好き」という人がとても多いのも事実

もちろん有名パティシエの手の込んだタルトやどっしりとしたチョコレートケーキも美味しいのですが、このふわっと感のあるスポンジケーキが日本のケーキを彷彿させるのではないかと思います。日本にあってフランスにない食感というが「ふわっ」と感。スポンジケーキの食感がほとんどない。あと、恋しくなるのがお餅やあんかけのような粘りっぽい感覚・・・もちもちしているとかそういうのもほとんどなく、「あんかけが気持ち悪い」という仏人に理由を尋ねると「痰みたい」といわれ、こっちがひっくり返った経験があります。体あたたまるのにねっ!

さて、タルト・トロペジアンヌ。このケーキは実は伝統のあるケーキじゃなくて1955年生まれ。ポーランド出身のパン屋さん、アレクサンドル・ミッカさん(Alexandre Micka)が祖国のおばあちゃんのレシピを思い出して作ったのがトロペジアンヌ。彼はたまたま当時サントロペで映画の撮影をしていたブリジット・バルドーらの『素直な悪女』撮影チームのお料理を担当しておりそれで有名になったという、とんだひょうたんからこまなお菓子なのです。今や登録商標の大量生産も。。名付け親も実はBBと言われていますが、まぁほんとうかどうか。

Débarqué en Provence au début des années 1950, Alexandre Micka, pâtissier d’origine polonaise, décida d’ouvrir une boulangerie pâtisserie à Saint-Tropez. Il a ramené de Pologne la recette d’un gâteau brioché à la crème de sa grand-mère qu’il vend dans sa pâtisserie. En 1955, le film de Roger Vadim, Et Dieu… créa la femme est tourné à Saint-Tropez. Alexandre Micka fut chargé de réaliser les repas pour toute l’équipe. Il présente sa tarte. Brigitte Bardot lui suggère de la nommer Tarte de Saint-Tropez. Le pâtissier, lui, opta pour Tarte Tropézienne. Dans la foulée, il déposa la marque et le brevet de fabrication1.

wiki

BB

ポイントはブリオッシュから香るオレンジの花の水のかおり。地中海アラブお菓子にはかならず香るあの香り。最初は私も化粧品臭くていやだったのですが、こちらはなににもふりかけてあるので慣れてしまいました。クリームがあるので足が速いお菓子ですが、とブリオッシュ地なのに冷えてでてくるのもこのタルトの特徴。お金持ちのバカンス地(プライベートビーチだの、クルーザーだの、まるで、の世界です)の名前なのでそうそういけなくてもこうやってトロペジアンヌぐらいは囓って気分を満喫です。あわせるワインはもちろんコートドプロバンスのロゼでもいけそうです。


1年以上

sumo

マルセイユには変なモノもたくさんあります。
これは変なモノのひとつ。コンテナーをよいこらしょと持ち上げるお相撲さんのオブジェ。雨にふきざらしのところにぽつんと置いてあります。前ポストした、ザハ・ハディッドビルから近いです。

ENSEMBLE, ON PEUT FAIRE DE GRANDES CHOSES
La sculpture de David Mach, It takes to two tango, met en scène deux sumos soulevant un conteneur. Elle illustre donc très concrètement l’activité majeure du groupe de Jacques Saadé qui est de transporter des conteneurs à travers le monde.

この彫刻はザハ・ハディッドのビルオーナーである海運会社CMA-CGMがマルセイユ市に寄贈したもので「タンゴ」という意味もあるそうです。実はこの海運会社(社長はレバノン人)の発展もタンゴを踊るがごとく、パートナーと力を合わせれば発展できると。。。(なんかわかりやすいなー)

それにしてもこの作家のDAVID MACHさん。世界中にこのお相撲さんを展開しているようです。しかしこれを日本へ輸入はどうなんでしょうか?非常に興味あります。

Replete & Sune sumo

お相撲さんってそいえば日本国内ではいじれないタブー聖域で、「体は大きいけど実は心根やさしくて力持ち」というコンテンツがすり込まれているのですが、それがどっこい最近は良い感じで露呈してくれて廃止論まででてる始末。。。。実際相撲も中継をよく見てみると、あれ全部「お金」ですものね。スポンサー企業の宣伝のすごいことすごいこと。また買ったら勝ったらで、賞金のすごいことすごいこと。所詮、お相撲さんの世界もお金まみれの八百長まみれなのでしょうから、そっちも見てみたい。あと、引退後のダイエット会社のCMとかね〜。貴乃花とか最近みたけど、ほんとになんか激ヤセでこわかったわー。などなど。おばさんの話はそこまでで…..

実際海外ではこんな使われ方なのですね。。

相撲のいじり方ってなんとかならないものでしょうか。そこまで熱心な酔狂ファンでもないですがちょっと気になったりします。


Kyotoïte en Provence

作者:姉小路りつ子

Kyotoïte en Provence

京女インプロバンス

7日 26 総合 828 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



姉小路りつ子さん新着記事



過去記事

姉小路りつ子さんへの新着コメント




ニースブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 プロヴァンスのブログ
2位 provence-travelのブログ
3位 南仏アヴィニヨンより
4位 マルセイユ日本語補習校(幼稚園~中学)
5位 フランス留学のすすめ - 続 Viva!! フランス留学 -
6位 *イタリア料理紀行☆南フランス、トゥールーズ食便り
7位 思えば遠くへ来た私
8位 南仏プロヴァンス陶器・雑貨のお店☆Le Petit Nice のブログ


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?ニースでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録